特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
「リコーダー指導法セミナー」受けてきました。
「リコーダー指導法セミナー」受けてきました。
長岡むつみ先生と、長岡先生からお名前を伺っていた
北村俊彦先生の指導方法を学ばせて頂きました。

長岡むつみ先生は
「全日本リコーダーコンテスト」で、子ども達を次々に
ステージに上げて、成果を出されています。 
本も出版されていて読ませていただいてました。
内容は具体的で、こんな時に、こういう声掛けを子供たちにするとか・・・
実にきめ細かで、隙間時間にぱっと子供の心をつかむのです。

私のように気の利かない人間にとっては、「なるほど~」の宝庫です。
物の見方、人との関わり方が新鮮で、子育ての本としても
おすすめしたいです。 
自分の子育て中に、早くに触れておきたかったなあ。

講習のベースは、この本なのですが、、
実際の先生のご指導は、もっと体当たりで、ワクワクするものです。
本では分からない、体験が沢山ありました。 
私自身が童心に帰って、先生の授業を楽しませて頂きました。

本はコチラ→ 子どもが輝く指導のコツと楽しいリコーダー曲集130

そして、次の日は北村俊彦先生でした。
「笛星人」の本の先生です。 
一音だけでも楽しく演奏できる工夫や、合奏へのアレンジなど、
簡単なところから、少しずつ難易度を上げていくのですが、
とても丁寧で、無理をさせずに導くのです。

それらは、作曲の段階で、当然そうなるように仕込まれていて、
曲は簡単ですが、根底にあるロジックは実に緻密です。

この本を1冊、順番に吹いていくと、いつの間にか
目標とする曲が吹けるようになるように、書かれているそうです。
指導方法は勿論素晴らしいのですが、全体にストーリーがあり
経営者にも通じる一貫性があるのです。
とても著名な起業家の、お話を聞いているような感じがしました。

本はコチラ→ リコーダー笛星人

学校の先生ってエンターテイナーなんですね。 
人を引き付けるお話は
毎日、授業に立っていらっしゃるからなんすよね。
ユーチューバーだって、こんなに場数踏んでいないでしょう。
実は学校の先生という職業、凄かったんだと、今更ですが、
この年齢で気が付きました。

私は自分の製品である「dim.dim」.について、
一定期間は、「不慣れな使用者」で居ようと決めていました。
それは、子供向けの製品が出来るまでです。
現在金型を作り始めた「dim.dim.band」(ディム・ディム・バンド)が
これに当たります。 

公言しますが、私自身がリコーダーの愛好家であるとか、
そうした理由で始めた開発ではなかったので、
初心者でい続けることは、それほど難しくはありませんでした。
「吹くけど、練習しない」それだけです。

しかしです。 興味がない私でも、これだけ演奏家の演奏を聴き、
楽器としてのリコーダーの機能と可能性を知ると、
満更、興味ないこともないかも・・・・と変わってきました。

そして、もう一つの興味、
「リコーダーって、今どうやって今教えているんだろう」
触れて、楽器教育そのものにも、とても興味がわいてきました。
dim.dim.で貢献できること、まだありそうな気がします。
リコーダーの音が苦手なお子さんに
「聴覚過敏」ってご存知でしょうか。
日常生活の音が、「響く」「割れる」「エコーがかかる」などと
いった風に感じるそうです。 
それが聴こえだけの問題ではなく、耳に痛みを伴ったり.
不快感,恐怖,苛立ちといった感覚も伴っていて、
更に、頭痛やめまい、頸部の違和感や疼痛が生じる場合もあるそうです。

この症状を知ったのは、お子さんが、リコーダーの音が怖くて出せな
かった
といとう保護者の方からでした。
特定の苦手な音があって、そのうちの一つがリコーダーの大きな音が
苦痛
なのだそうです。 そうした「聴覚過敏」のお子さんは意外と
多くいらっしゃる
ことも教えて頂きました。 
 
dim.dim.で、音が小さくなればリコーダー練習が出来たそうで、
こうした道具があって良かったと喜んでいただけていました。
私もとても嬉しかったので、同様の事で悩まれている方に試して頂けたらと
思い、ツイッターでつぶやいたところ、意外な方からも
私もそうだという反響を頂き、少し詳しくブログにしてみました。

私、数年前にストレスで、眼瞼痙攣になったことがあって、
同時期に耳鳴りが始まったんです。
でも、よく考えてみると「耳鳴り」と思っていた症状は、
案外、これだったのかもしれないと思いました。

シャワーの音と換気扇の音が今までと違う音に聴こえるんです。
こもったような、やたら響くような・・・・・この両方が聴こえる
炊事仕事が特に苦痛で、ヘッドフォンで音楽を聴きながらしていました。
そう、ヘッドフォンの音は普通に聴こえるんですよ。 
都合の良い耳です。 

入浴時もシャワーの音が気になってリラックス出来ない。 
自分自身の声の聴こえも響く感じで
話すのが辛くなったり・・・・それでも
私、大抵病院に行かないんですよ(笑)
病は気から・・・ストレスが原因だわ私、きっと・・・・
ストレスに耐性が無いのが良くない、くらいに思ってしまうんです。

案の定、そのストレスの原因が無くなったら、
いつの間にか、目の上の痙攣も起きなくなって、
音も同時に普通の世界が戻って来ましたね。
2か月間くらいだったかな・・・・・

今考えると、この不快な状態は、精神的にも大変な負担でした。
この音を聴いている時の恐怖と苛立ちは、
なんと表現したら良いか分かりません。
全神経が耳に集中してしまうのを、どうにもできませんでした。

もう、気のせいだとかそんな事を言われても、どうにも自分で
コントロールできませんから、辛かったですね。

耳鳴りだったのか、聴覚過敏だったのか、他の病だったのか・・・
今となっては曖昧ですが、耳に問題を抱えることが、
人にとって想像以上のストレスになる事を、少しだけ私も体験しました。

これらの症状を長期に渡って抱えていらっしゃる方には
心からの治癒、救済をお祈りいたします。

そして、リコーダー練習の音で苦痛を感じていらっしゃるお子さん、
その練習の音を聴くのが辛い第三者が居ること、その両者が
世の中に居るのだという事を、多くの方に知って頂けたらと思います。

ウチの子、リコーダー苦手なのかしらと思っている保護者の方、もしかしたら、
リコーダーの大きな音が怖いだけの可能性を疑ってみてあげてください。
dim.dim.でリコーダーの音が小さくなるだけで、練習が出来るかもしれません。



「動き」はチャンスです。
「世界市場」、このお題で久々書きます。
海外販売については過去、スッパリと捨てる宣言をしました。
2012年の事でしたね、あれから7年経過、
今年、木製リコーダー用のモデルが出来たので、
よし!行くぞって感じでした。

日中の貿易問題といい、ついに拗らせ状態の日韓関係に
日本側が「良いよ別に仲良くしてくれなくても」って
言ってしまった今・・・・・・

今月末までに回答しなければならない、
海外の知財について、大いに悩んでいるところです。
「あー昨年の話し、断っといて良かった」と
「あの国で取った意匠権どうしよう・・・・」と
それは、それは、頭と痛めています。

輸出する国も変更しようと思っている今、
あの国の分、他の国で取っといた方が良くなかったかな?
一人反省会、連日やっています。

今やってる開発、私だけがしていると思ったら大間違いです。 
世界のどこかにライバルは、確実に居ます。
日本国内だけでも大変なのに、グローバル化とやらで
更なる規制や競争が起きる訳です。

私がどんなに頑張ったところで完璧はありませんが、
「しないこと」を決めるのは、「すること」を決めるより
勇気が必要です。 

こうして市場が変化している時に、直ぐに飛び込めるように
身軽にしておかなければいけません。   

市場の急速な変化は「危機」にもなりますが、
上手く利用できれば、またと無い「チャンス」ですよね。
みなさん、一緒につかみましょうよ。




次の挑戦
ここ最近、「採択」が無いな・・・・
応募は毎年1、2個ペースですが、ちょこちょこしてるんですよ。
採択された人がSNSあげたり、ブログ書くのはあるけど、
不採択を書く人ってあまり居ませんよね。
宣伝にならないし、格好は良くないですからね。

私、承認欲求に興味無い経営者ですし、むしろ落ちた人間同士で
慰め合えるサークル無いかなと思って探しているところです。
どうして、駄目だったのかをポジティブに反省したいんだけどな・・・・・・
酒の肴として、悪くないと思うんだけど、相手が同等にメンタル強くないと
難しいかな(笑)

全力で挑戦している自信はあるんですけれど、
ほら、本人にはわからないけど、何やっても上手くいかない時って
人間、誰にでもあるでしょう。 
ネガティブな問題をネガティブにやってしまうなんて、
人間として知恵が無さすぎるでしょ。

美化する必要無し! 知力で笑い飛ばす! 
だって現実は残酷、採択される人がいるんだから、そうじゃない人がいる。
それを慰め合えるところ、必要じゃないかな。
そして、次の作戦会議でしょ! 

個人事業主もだけど、社長って孤独なんです。
その経営者で集まって、知恵出し合えたらいいんじゃないの。
現状を直視する勇気も出てくるし、必要じゃないのかな・・・・

起業もしたことも無い、採択されたことも無い、
採択する側の経験も無い、そんなコンサルタントに相談するより
私は楽しそうだと思うけど・・・・。

昔、外科に入院した時、末期がんのおばさん達が集まって
健康食品の話しで爆笑していたんです。 
当時、健康食品で「アガリスク」が盛り上がっていて、
自分は「癌になる前から飲んでいた」と一人が言ったら、
「それ、私も飲んでた」結局、全員飲んでいて、
それでも自分たちが全員、癌になっていたので、
「なんだ、飲んでも効かないじゃん!」 もう、爆笑!
他にも運動していたとか・・・・どれも効かない事をまた爆笑!
なんだ、この明るさは+゚。*(*´∀`*)*。゚+

この人たち、カッコイイ~!!!って思って、
ワクワクしたのを思い出しました。

見栄張らずに行きましょうよ。
海外PL保険を考えてます
楽器に関するものを作っている会社としては、
「海外販売」はいつかは当然の事、として考えていました。
そろそろ始めようかと思って、海外PL保険を検討しているところです。

そして、保険料の決定に必要なアンケートが来ていて、
これがなかなか勉強になりました。
「ISO9000」シリーズとかファミリーとか、聞いたことはありませんか。
国際標準化機構 (ISO) による品質マネジメントシステムに関する規格のこと
なんですが、これに対する会社の取り組みなんかとか、
更にはPLクレームへの対応策が既に準備できているかの質問もありました。

ウチはファブレスではありますが、製造マニュアルも作ってるし、
取扱い説明書もよそには頼んでいないので、それなりに勉強してきた
つもりです。 
・・・・・にしても、質問が多く、まじめに答えようと思ったら、
意外と時間かかってしまいました。 

物を作っている会社なら、避けては通れない事があります。
安全性を踏まえて、「正しく作る」という事です。

私、最近挑戦したビジネスコンペで、
案外、自分は真面目にやってきてたな、
そして、それはあんまり見えないところだけど、
一所懸命にやってきて良かったなと思いました。

このコンペの結果はともかく、成分表を含め、材料選びや調査、
コンペの為に必死で後から取ったものは、ありませんでした。

.事業規模は小さいですが、
「安心して子供に渡せるものを作ろう!」を貫けました。
慎重になりすぎて、時間をかけ過ぎたかもしれないと思いましたが、
一人でやっている事業の良いところで、人件費を無視して、
「待てる」というのが出来ます。 だから、これらが揃うまで、ウチは
販売をしたりはしません。 

もしかしたら、大きな会社なら、頼めば直ぐに出してもらえるもの
なのかもしれませんが、なかなか送られてこない、データや
証明書がありました。 直接の取引先からはもらえなくて、
大元のメーカーに送ってもらったのもあります。 

だから、こうした書類の提出を求められた、今回のビジネスコンペ、
ちょっと嬉しかったりしました。 

しかし、ものづくりはもっと深いのでした。
安全のハードルは更に高いのです。
夫に「ISOって知ってる?」って聞いたら「お前取る気か?」って
ビビッていました。  夫も作る仕事、取得する費用は知っている様子、
言いにくい・・・・・・・
持っている会社さんに作ってもらう! 今のところはそのくらいです。

海外販売で検討したPL保険ですが、本当に勉強になりました。
ウチは海外なんてまだまだとおっしゃる社長さん、
取り寄せてご覧になってみて下さい、海外PL保険のチェックシート。
今の製造で見直せるところがきっとありますよ。