特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
実施許諾-その3
テーマ3回目は
通常実施権と専用実施権についてです。
漢字のイメージの通り
通常実施権専用実施権です。

通常実施者は当事者間の契約です。

専用実施者は契約のほかに登録も必要です。
許諾者でさえ、実施することが出来なくなります。
ただし、特許侵害をされた際には、
専用実施権者が「訴訟を起こすことも出来ます。

裁判もお金がかかりますからね。
ただ遊ばせてある特許権なら、コチラでしょうね。

但し、専用実施権を許諾した企業の、
売り上げが思わしくなくなっても他社に変える事も難しいです。
ご注意下さいませ。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック