特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
見落としていた「選択肢」
「辞めちゃう」という選択です。

一生懸命すぎて見えなかったモノ
突然、見える時がみなさんにもあると思います。
その瞬間まで、本当に気付いていなかったのです。

「機を見るに敏なり」という言葉がありますが、
意味は、「好都合な状況や時期をすばやくつかんで的確に行動するさま。」
と辞書にはありました。でも、逆は書いてませんでした。
「不都合な状況と判断したら、中止しましょう」
 

私は、「行動」することが、
失敗も含めて重要だと考えていました。
でも、必ずしも体当たりで良い訳ではないですね。
「出費」を伴う「行動」には
慎重だし、制限も当然ありますよ。

で、「行動を中止する」というのも
「行動」の一つであり、選択肢の一つであるということです。
「する」という動詞で考えるのもアリではないでしょうか。
 
妙な言い回しの連続で、
ただ言葉をこねくり回しているみたいで
退屈させたかもしれませんね。

でも、このブログの副題の通りなんです。
「迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず」
今してるのは、分岐路で立ち止まっているという状況でした。
これでは、何処にも着けません。

だから、別の道を走ってみます
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック