特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
6年後のKOTORI楽器、物を作っていないかもしれない。
6年前に起業した時、私は「今」しか考えていませんでした。
起業家として未熟であったのは当然なのですが、
物を作る技術に関わる仕事をしていくなら、製品が
どのくらい未来まで必要とされるのかの予測は必要でした。

起業2年目の私に「6年後を考えて仕事をしなさい」と
唯一アドバイスをくれた人がいました。
でも、その時作ったビジネスプランは、私だけの思いでしか
ありませんでした。 
「ウチの技術で将来的にこの分野に進出したい」というものです。

結論から言うと、「6年後の未来はこうなっている、つまり、
市場はこの分野が伸び、需要、お金の流れはこうなる、だから
ウチの技術を、この分野に活用していく」という、
理論的な予測を踏まえたもので、未来需要に対するプランが必要で、、
あるべきいう事です。

当時が間違っていたかというと、会社の体力から言って、
「今の市場の中での問題解決、そして集客」
それで中小は精一杯、当然です。 
でないと結果も出ず、資金繰りもショートしてしまいます。 
最初はそんなもんです。

だから、起業はトップアクセルで邁進、それでも良かったんです。  
でも、このままずっとは成長無さすぎですよね。
トヨタが最近、「ウチは車を作るのを止めます」と宣言しましたが、
実は私もそう考えています。 

ありがたいことに、昨年は事業として初めて黒字になりました。
周囲には「数字のマジックだ」と言っていましたが、
材料仕入れのタイミングという製造関係の寄与ではなく、
製品以外の収益がこの年にはありました。

スタートから製品化のアウトプットにずっと追われてきました。
ケガをしたことを契機に、ここ1年のスローペース、直近の3ケ月は
本読みまくりで、別なアウトプットを模索してきました。 
製造だけでなくても良いのではないかというところもです。

私は普通に軌道に乗れば、組織化も考えていましたし、
典型的な製造の中小企業を目指してきました。
しかし、6年後のKOTORI楽器を考えると私は個人のままが良いし、
技術的にも、雇用は必要無くなると予測しています。
むしろ、雇用は企業にとってリスクが高まる時代に入っています。

技術を持つ個人がつながる事で、実現できる事の方が
価値のある時代になると思うのです。

情報データだけの提供で、必要な人が3Dプリンターで製品を
手にする事ができるようになったら、製品そのものの製造や
提供になんて意味が無くなります。

在庫の管理からも解放されるし、輸送、流通コスト かかりません。
私が意図することの再現性が整えば良いだけですから、
時代は何れ、近いうちに追いつくでしょう。
だから、6年後のKOTORI楽器、物を作っていないかもしれない。

世界のグローバル化は想像以上にスピードがあって、
既存の物がない国、地域の発展の方がこれからは絶対に早いのです。
それは6年より、早いかもしれません。

今、その途中段階が面白くなるように、そこにKOTORI楽器らしさがあれば、
益々楽しくなると考えているところです。
関連記事

テーマ:経営者 - ジャンル:ビジネス

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック