特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
意匠権の「自動納付申出書登録通知」来ました
意匠権の「自動納付申出書登録通知」来ました。

「知財戦略」の一つとして、特許を別の形で展開しました。
意匠権は、特許件ほど強力ではありませんが、
特許の取得にかかる費用よりはずっとお得に取れる、
権利です。 そして、実用新案よりも長期保有できます。

特に海外につての知財は費用が掛かります。
お得感、実感できます。

昨年、国内で2件出願して、1件は海外でも権利化しました。
特許年金と一緒に、今年から自動納付申出書登録をして、
少しだけ、納付忘れの不安から解放されました。

手続きは簡単。 私は予納台帳とか作らずに
特許庁で教えてもらいながら、特許庁の窓口の傍で、
特許印紙を貼って提出、その次は特許印紙を
近所の郵便局で買って、郵便局からの郵送。
色々な方法があります。 

どれが良いかと言われたら、特許庁の窓口で済ませうるのが
一番間違いなくて安心なのです。
でもね~、シングル・メーカーは忙しいんですよ、いちいち
納付日を覚えていられない。 誕生日、結婚記念日、
家族の分・・・・、これ以外に覚えるなんて不可能です。

他の仕事に集中するために、「忘れる」という努力をしている。
そんなところです。
関連記事
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック