特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
簡単に出来て嬉しいですか?
簡単に出来て嬉しいですか?

ちょっと時代に逆行した話をしてみます。
「成功体験」がもてはやされる昨今ですが・・・・
それ、そんなに大切ですか?
(結構、敵を作りましたよね私、この瞬間・・・)

私はむしろ「失敗体験」の方が沢山あって、
それをどうやって乗り越えたかの方が、重要だと思うんですよ。
あれ?乗り越えた段階で「成功体験」ってことか・・・
それも、沢山乗り越えたら、成功体験が山ほどじゃないですか。
(そうだよ、だから成功体験が大切なんだよって思ったでしょ)
いや、そういう事が言いたいんじゃなくて・・・・。

この「成功体験」には定義が必要になりますね。
簡単に得られた「成功体験」、苦労して得た「成功体験」
は同じではありません。
私が大切では無いと言いたいのは、
楽しく簡単に乗り越えるために、困難が排除された「成功体験」です。
この「成功体験」には価値がありません。
(かなり、勇気を持ってバッサリ言い切ってみました)

「簡単に上手くいってしまった時に学んだ事」と、
「凄く躓いて、苦労した時に学んだ事」の内容は違います。
そして、出来上がった物についても、
「簡単にすぐに上手に出来る物」と、
「凄く難しくて手間がかかる物」との比較です。

簡単に誰もが乗り越えられた事が出来ても、
それは、相対的にみて「価値」を見出すのは難しいです。
つまり、ごめんなさい言い方がきつくなりますが、
「価値」が低い、ということです。
でも、逆に困難であればあるほど、出来たものには
「価値」が認められて当然なのは、同意していただけますよね。
むしろ、同じじゃ嫌ですよね。

そして、もう一つの「価値」の作り方ですが、
他の人が困難だと思っている事を、
簡単に「出来る」、もしくは「体験できる」ようする事にも
価値がある事として認めて良いですよね。
ですから、簡単に出来るようにしてもらった人は
この簡単に出来る方法を見つけた人に、
相応の対価を支払う必要があります。

まあ、突き詰めていくと、世の中で「価値の生産」が
お金に変わっていくのですから、いずれの生産についても
誰かの努力や工夫が必要になってきます。
その努力や工夫、手間暇を請け負って、生産者になれば、
お金が入ってくるということですよ。

グダグダ言いましたが 「価値 = お金」で、
「価値の生産 = 工夫・努力」ってことかな。

すんなり上手くいくことはお金になりにくいという当たり前を
分かっていれば、失敗体験を恐れず、それに懲りずに出来る人、
困難を困難と思わずに乗り越えようとする人でなければ
生産性が少なく、それは経済的に生きていくのに難しいと思うのです。

「出来るから楽しい、楽しいから出来る」というところで
「成功体験」が支持される理由にも、私自身、納得出来るのです。
「そうだよなぁ」って・・・・・・でも、現実は学校じゃないんです。

こんなに便利になって、自由になって、選択肢が増えた時代に
「生きづらい」とよく聞きますが、何故なんでしょう。

「失敗 = 終了」 って感じていませんか?
「失敗 = 成功までの途中」 でしかないのに、受け止めすぎですよ。
「失敗」にもっと気楽になりましょう。
「失敗」を責められたら、風が通り過ぎるのを待ちましょう。
姿勢を低くすれば倒れません。 風は貴方の上を通り過ぎます。
 
それより「失敗」の経験、足りてますか?
その為には簡単、「失敗」するための「挑戦」を沢山しましょう。 

「簡単に出来て嬉しい」だけを求めると、
それはただの「消費者」にしかなれないという事になるかも?
稼げる「生産者」になることの方が、楽しくて、生きやすいって思います。
いっそ、出来ない事を楽しめる力の方が、必要じゃないかな。
皆さんはどうですか?

失敗を恐れそうになった時、自分で読もうかなと思って書いておきます。
関連記事
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック