特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
「リコーダー指導法セミナー」受けてきました。
「リコーダー指導法セミナー」受けてきました。
長岡むつみ先生と、長岡先生からお名前を伺っていた
北村俊彦先生の指導方法を学ばせて頂きました。

長岡むつみ先生は
「全日本リコーダーコンテスト」で、子ども達を次々に
ステージに上げて、成果を出されています。 
本も出版されていて読ませていただいてました。
内容は具体的で、こんな時に、こういう声掛けを子供たちにするとか・・・
実にきめ細かで、隙間時間にぱっと子供の心をつかむのです。

私のように気の利かない人間にとっては、「なるほど~」の宝庫です。
物の見方、人との関わり方が新鮮で、子育ての本としても
おすすめしたいです。 
自分の子育て中に、早くに触れておきたかったなあ。

講習のベースは、この本なのですが、、
実際の先生のご指導は、もっと体当たりで、ワクワクするものです。
本では分からない、体験が沢山ありました。 
私自身が童心に帰って、先生の授業を楽しませて頂きました。

本はコチラ→ 子どもが輝く指導のコツと楽しいリコーダー曲集130

そして、次の日は北村俊彦先生でした。
「笛星人」の本の先生です。 
一音だけでも楽しく演奏できる工夫や、合奏へのアレンジなど、
簡単なところから、少しずつ難易度を上げていくのですが、
とても丁寧で、無理をさせずに導くのです。

それらは、作曲の段階で、当然そうなるように仕込まれていて、
曲は簡単ですが、根底にあるロジックは実に緻密です。

この本を1冊、順番に吹いていくと、いつの間にか
目標とする曲が吹けるようになるように、書かれているそうです。
指導方法は勿論素晴らしいのですが、全体にストーリーがあり
経営者にも通じる一貫性があるのです。
とても著名な起業家の、お話を聞いているような感じがしました。

本はコチラ→ リコーダー笛星人

学校の先生ってエンターテイナーなんですね。 
人を引き付けるお話は
毎日、授業に立っていらっしゃるからなんすよね。
ユーチューバーだって、こんなに場数踏んでいないでしょう。
実は学校の先生という職業、凄かったんだと、今更ですが、
この年齢で気が付きました。

私は自分の製品である「dim.dim」.について、
一定期間は、「不慣れな使用者」で居ようと決めていました。
それは、子供向けの製品が出来るまでです。
現在金型を作り始めた「dim.dim.band」(ディム・ディム・バンド)が
これに当たります。 

公言しますが、私自身がリコーダーの愛好家であるとか、
そうした理由で始めた開発ではなかったので、
初心者でい続けることは、それほど難しくはありませんでした。
「吹くけど、練習しない」それだけです。

しかしです。 興味がない私でも、これだけ演奏家の演奏を聴き、
楽器としてのリコーダーの機能と可能性を知ると、
満更、興味ないこともないかも・・・・と変わってきました。

そして、もう一つの興味、
「リコーダーって、今どうやって今教えているんだろう」
触れて、楽器教育そのものにも、とても興味がわいてきました。
dim.dim.で貢献できること、まだありそうな気がします。
関連記事
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック