特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
「動き」はチャンスです。
「世界市場」、このお題で久々書きます。
海外販売については過去、スッパリと捨てる宣言をしました。
2012年の事でしたね、あれから7年経過、
今年、木製リコーダー用のモデルが出来たので、
よし!行くぞって感じでした。

日中の貿易問題といい、ついに拗らせ状態の日韓関係に
日本側が「良いよ別に仲良くしてくれなくても」って
言ってしまった今・・・・・・

今月末までに回答しなければならない、
海外の知財について、大いに悩んでいるところです。
「あー昨年の話し、断っといて良かった」と
「あの国で取った意匠権どうしよう・・・・」と
それは、それは、頭と痛めています。

輸出する国も変更しようと思っている今、
あの国の分、他の国で取っといた方が良くなかったかな?
一人反省会、連日やっています。

今やってる開発、私だけがしていると思ったら大間違いです。 
世界のどこかにライバルは、確実に居ます。
日本国内だけでも大変なのに、グローバル化とやらで
更なる規制や競争が起きる訳です。

私がどんなに頑張ったところで完璧はありませんが、
「しないこと」を決めるのは、「すること」を決めるより
勇気が必要です。 

こうして市場が変化している時に、直ぐに飛び込めるように
身軽にしておかなければいけません。   

市場の急速な変化は「危機」にもなりますが、
上手く利用できれば、またと無い「チャンス」ですよね。
みなさん、一緒につかみましょうよ。




関連記事
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック