特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
今朝のお問合せ
今朝、「dim.dim.何処で買えますか?」というお電話を頂きました。 
お子さんが小学3年生、リコーダー・デビューする、お母様からのお電話でした。
思わず「おめでとうございます!」と言ってしまいました。
親にとっては「子供が初めて出会う何か」は特別なものである事を、
ふと思い出してしまって出た言葉でした。

 おめでとう!初めて出会った日~
おめでとう!初めて出会った日

それを好きになるか、嫌いになるかで人生変わってくるものです。
学校生活において、私たちはほぼ等しく何かに出会ってきました。
掛け算だったり、書道だったり、リコーダーだったり・・・・・。
好きとか、嫌いとか何の先入観も無く出会ったはずです。

それが何時か、嫌いになったり、好きになったり、
無理やりしなければいけない事だったり、もっとしたいのに
週に1時間しかなかったり・・・・。 だから、学校で出会うものは、
「世の中にはこんなものがあるんですよ」っていう
カタログみたいなものではないかと、私は子供の頃に感じていました。
一通り見て、この中から選べば良いんだとも。
つまり、全部好きにならなくても良いという、選択の自由も与えられた
のだと感じました。

「リコーダー」もその1つに過ぎません。
だけど、好きも嫌いも関係なく、ただ環境で練習できなくて
当然、上手く吹けるハズもなくて・・・・諦めるしかなかったら、
なんか、悔しくないですが?

せっかく、一人1本ずつリコーダー持っていて、
練習出来れば、どうにかなったかもしれないのに・・・・
実は英会話と楽器の習得って似てるそうです。
この話、興味ありませんか? 
そのうち、じっくりご説明させていただきますが、とにかく

どちらも初めは、「出来たら楽しそう!」って思ったはずです。
最初は簡単なところから始まるから、みんなイキイキしているのが、
だんだん間違えたら恥ずかしいが大きくなってきて、
上手く吹けないから、大きな音も出せなくて、練習機会も無くて、
気付けば、リコーダーも英語並みに嫌いで苦手に
なっている・・・・ そう、英語並みに・・・・・・・

実は、楽器習得と英語習得は脳科学的にかなり近いそうですよ。

似たような何かの克服経験は、大袈裟ではなく人生の糧です。
リコーダーみたいに練習すれば良いんだなって
思ってくれたらうれしいです。




関連記事
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック