特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
市場調査もする
近所の楽器屋さんに顔を出しました。
住んでいる街というのは重要です。
売れ線も他所とは違うと思います。

この街が世間の平均であるとは思えません。
なので、生活に余裕があれば、プラス・アルファしたいもの
っていう位置付けになると思います。

この大手チェーンである楽器屋さんの品揃えは充実しています。
ワンフロアなので、一体何が売れるのか面積比で、およそ判断出来ます。

左壁面は総てギターで占められていて、
産業企画庁の統計通り、ギターが売れている事と一致します。
ギターの周辺機材、アクセサリーもまとめてディスプレイされていて、
合計したら、商品の5割になりそうです。

センターには電子ピアノ、
リコーダーやハーモニカは店内奥のレジ付近です。
右手奥は楽譜や教本などで、
手前には金管、木管楽器がショーケースに並んでいます。

つまり、リコーダーなんかは商品としては安価ですが良く売れているようです。

いつもの店員さんと楽器のミュートについて話していたら
サキソフォンが楽器としては流行していて、
練習に苦慮していると教えてくれました。

エアリードのショートである横笛、フルートについては
答えが出ているのですが、
世間のニーズがサキソフォンなら、前件はひとまず置いておいて、
サックスの研究開発と出願が優先でしょうか。

このお店ではヤマハ、ヤナギサワ、セルマーと王道の三種類では
セルマーが一番売れているそうです。
研究対象はセルマーで30万前後にしておくべき?
いやいや、この辺りの所得層を基準にしては・・・・・。

商品の仕入れは大手からで、
個人で売っているものは扱っていないことも知りました。
そうか・・・・・・。

偶にこんな事もしてみたりして・・・・
自分の思い込みだけで研究しないようにしてます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック