特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
テスト・マーケットを経て・・・ 
テスト・マーケティングを始めるまではこんな予想をしてスタートしました。

魅力・・・・・時間と場所を提供する道具にできる。
       スポーツと同じように、音楽は言語を超えたものであり、
       感動がある。
       研究対象としても、私が充分に好奇心が持てたこと。
       
市場・・・・・世界中で教材なので需要がある。 
       毎年、新規の購入者が一定数ある。
       先ずはソプラノ用だけを販売し、軌道に乗ったところで
       アルトの販売を考える。
             
プロモーション・・・・ 他の楽器には音量調整の機能があるのに、
        木管楽器だけに無かっただけ、
       宣伝もしやすのでは?と思った。

販売・・・・・全くの新規開拓では無く、既存にリコーダーの販路を
       既に、持っている人達が扱いやすい商品で、
       私が直接売る必要がないのではないか?

なんて、想像していたわけですが、先ず見誤っていたのは
「市場」についてでした。 ソプラノだけでなく、アルトにも需要があり、
「なぜ作らないのか」というお叱りを沢山いただいたことです。 
市場については子供の教材という・・・・・・・
という思い込みが自分にあったこと、 

ソプラノ用とは別にアルト用の材料を仕入れる事になり、
販売前から、ある程度の資金が必要になりました。 
製造業なのに「製造」自体で既にハードル高くなってしまいました。
キチンとした仕組みが早く出来ない限り、次の研究開発は無理でしょう。
先ずは需要に応えていかなければなりません。

製造を始める方々に生意気ですがアドバイスがあります。
最初に仕入れる時は前金であることもあるし、
最少発注数が意外と多くて驚く事です。 
私のように、素材として扱う点数が多いとそれだけで大変です。
更には単価が安い物だと回収も楽ではありません。
完売してから、次の商品のリリースになればいいのですが、
私の場合は市場の見極めが充分では無かったので、
同時に次の商品リリースまで必要になりました。
単価が安い商品だからそんなにかからないのでは・・・・
と思っていたら大間違いです。
素材の点数が少なくて済むように商品を設計する努力を
充分にしてください。


実際のところ、市場の見極め、資金繰り、テストマーケットが終わって、
仕組み作りには、大きな変更が必要であると感じました。
そうなんです。 総て手さぐりの起業でしたが、専門的に創業の
相談に乗って下さった中小企業振興公社さんは、
このテストマーケッィングの重要性を非常におっしゃっていました。

ある意味、販売もプロモーションもまだこれからです。
やってみないと分からない。 本当にそうなんですね。

一つ救いは「使いやすさ」と「意外と良い音が出る」
というお褒めの言葉です。
この点は開発に対する努力が報われた気がします。 
それは皮肉にも、「子供でも使いやすいように」という視点で
積み重ねてきた改良です。

こうした知見を糧に次のステージへ!
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック