特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
鬼に笑われても、来年の今頃・・・・・・
「立春」良い響きです。
この言葉のリズムは人を元気にしますよね。
実際のところは雪が降ったり寒かったりする時期なのですが
旧暦だと、最も寒く感じる時期からちょっと変わり始める
タイミングだったのでしょうね。
実際はお日様の滞在時間も、冬至からは延びているのですから
そんな風にも感じます。

インフルエンザから復帰して、私が居なくてもどうにかなる仕組みが
必要だという事を強く感じました。
無駄に休んで体力も充実している今ですから、
作ることの追われてばかりでは勿体無いので、そうした流通手段や
製造手段を、きちんと手当しておく大切なタイミングです。

アマゾンからFBAというシステムで販売していたのは、
寝込んでみて、特にありがたいと思いました。
もしも製造せずに販売だけの会社であれば、現在の受注数なら
自分で梱包して発送した方が利益はあがりますし、
現実的には対応できる範囲です。

でも、お客様の立場になれば何時でも確実にもっとも早い方法で
受け取れた方が便利です。
その点で、アマゾンのFBAはとても確実です。
インフルエンザで寝込んでいる間も、お客様にご迷惑をかけることなく「dim.dim.」は欲しい人のところへ、最短で届けられていました。

「dim.dim.」を販売してみて、私が想像する以上に喜んで下さっている方が
多い事に正直驚いています。
事業計画書段階で、「こんな道具、必要ですか?」と随分質問されました。
「少なくても、私の子供たちには欲しかったので」としか
答えられませんでした。

「プレマーケッティングが必要ですね。」とも言われていたのですが、
何のことだかわかりませんでした。
現在の販売がこれに当たるのかもしれません。
実際に販売してみて、需要があることも、製造が追いつきそうにない事も、
想像できるようになりました。
こんなに喜んでもらえるなら、もっと沢山の方に使ってもらえる方法を
考えなければいけません。
それも、私の仕事の一つなのだと知りました。

「dim.dim.」が学用品の一つだと考えれば、「立春」の今頃、
もっと準備できていないと欲しい人に届けられませんよね。それは困ります。
私がインフルエンザになっても、勝手に出来上がって、
勝手に届くようになるくらいにしておかなければいけません。
 始めなくちゃ・・・・

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック