特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
なぜ 楽器なのか2
音楽が無い世界を想像してみて下さい。
どんなに音楽が大切か気付いていただけるのではないでしょうか?
私には「酸素」くらい重要です。

今や、テレビのBGMは勿論、スーパーの店内・・・・
電車で音楽を聴く人、カラオケ・・・・・。
この音楽が総て無くなったら・・・・・世界は味気なく感じませんか?

でも、一つ思うことは、どれも人工的な感じの音ばかりなんですよ、
生ギター一本で自分の呼吸で歌うようなのすくないですね。
特にカラオケは色んな意味で飽和状態です。
最近、客離れが始まっているとニュースで言っていました。


音楽を楽しむのって、意外と画一化されている気がします。
これをもっと広げたら、きっともっと楽しくなるんじゃないかな。

ゲームセンターで太鼓を叩くのがありますよね。
単純で誰でも出来て、なのに果てしなく難しいという不思議さ
そう、多分自分で弾くのも楽しいことの一つなんですよ。

そして、音楽は(絵もそうですが)
言語の壁が気にならないコミュニケーションであることでしょうか。

アップル社の林檎が知恵の実だとしたら、
音楽はその相対である本能とか、より原始的なものに近い刺激です。
まだ、広がりがありそうな気がするんですよ。
新たな扉がまだ手付かずに、そっと誰かを待っているようで・・・・
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック