特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
つ・く・る
このたった3文字が、案外大変な事に気づいたのは最近なのです。
そして、資本が必要であることも思い知らされています。
それでも 本質的なエネルギーを失わなければ形になっていくのです。

モノであふれている世の中で、そのアリガタミが薄れている昨今ではあります。
私も並行して幾つかを作っていて、「大変なモノ」と「簡単なモノ」が
混在していていると感じます。

「大変なモノ」として
 1.雛形が無い
 2.材料に制限がある
 3.予算が少ない
 4.物理的に不可能
   ・
   ・
   ・
「ツイてない」という運まで含めていくらでも浮かびます。
そして、だからこそ楽しく、完成が嬉しいものです。
大変であればあるほど反比例した達成感があり、
中毒になりやすいのですよ、わたしも患者です。

いま、チームというか、ユニットで作ろうとしてます。
コミュニケーション・ツールが無かったらどうなると思いますか?
正に「バビロンの塔」が起きているのです。

中小企業間で共通言語は2次元です。
私は3次元の辞書しか持っていません。
圧倒的な多数が持っている2次元の辞書を買いに行かなければ・・・・
少ない財布の中のコインを数えます。

「つ・く・る」の先にある「で・き・た」への距離は
初めてのコースの場合、うっかり近いと勘違いしやすくて、
案外、遠いと知りました。
大丈夫、「遠いモノなのだ」と覚悟すればいいだけです。
止まらなければ着きますよ。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック