特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
開業のタイミング早めます。
多々事情があって、早めの開業になりそうです。

個人事業主になるという事は
いよいよ、夫の扶養から外れて、健康保険も年金も・・・・
税金も総てが別になります。
帳簿も付け始めなければならないですね。

もう一度、スケジュールの見直しです。
創業の為の資金を預ける金融機関の選定やら、
色々あります。

より、具体的で詳細なスケジュールが
必要ですね。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック