特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
特許査定来ました
こんなに早く来るとは思っていなかったので
正直なところびっくりしました。
一度「拒絶理由」を貰っていて、
なるほど、甘くはないんだな・・・・と覚悟していました。

「補正書」と「意見書」を提出しに行った時に
「早期審査」の請求をしているけど、
どれくらい、待つのでしょうか?と伺ったら、
カレンダーを見てくださって、
11月ごろじゃないでしょうか・・・・・というお答えでした。

沙汰があるまでホームページ作ったり、
会計のソフト探したりしとこっと。
当然、何も調べていませんでした。

何しろ素人なので「拒絶理由」が届いてから、
2ヶ月の期限付きで対応しなければいけないと
知って、相当慌てました。
なので、今回受け取った際も、
しまった「国内優先権制度」とか調べてなかったな・・・・
と後悔しながら開封しました。

何時も、後手後手な訳です。
何が来るか分からないし、来てから考えるか・・・・
っていう、スタンスです。

で、いきなり
「特許査定」が届いて???
確か、このままじゃ権利にならなかったよね。
「金」かぁ、いくら掛かるんだっけ・・・・。

どれが来てもこんな感じ。

私、専業主婦なので「非課税」です。
現行の制度を利用して「免除」して頂くべく
手続きの準備をしました。
関連記事

テーマ:ものづくり - ジャンル:ビジネス

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック