特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
リコーダーの練習がしたい
ずっと書類とにらめっこです。
今、何がしたいか聞かれたら、
「リコーダーの練習がしたい」と言うと思います。

多分また、審査員(音楽関係ではなくて事業評価関係者)
の前で一曲・・・・・・いや、比較のために二曲。
プレゼンテーションでそこが一番自信がないです。
その緊張で喋ることを忘れそうです。

でも、普通の人より、恵まれた環境があります。
「dim.dim」がありますから

確かにタンギングも大切ですが、何より運指です。
別に私はプロでは無いので表現とかの問題ではなくて、
マラソンで言えば、完走出来るかだけです。

Youtubeでジャスを見てしましました。
曲目の選択とアレンジで良いんですよこれが、
審査員にまずはリコーダーの凄さを伝えたい・・・・
なんて、また変な欲が出てきて、練習したいんです。

でもきっと、審査員の皆さんは今書いている方が
きっと心配なんですよね、「ちゃんと、宿題やってるかぁ!」
それは、ドリフでしょ。
すみません、古くて
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック