特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
明日は私のビジネスプランを第三者の目で
判断していただく日です。

私と同じように起業する総ての方がこうした機会を
必要とするのかは判りませんが、自己資金では足りな人なら、
多かれ、少なかれ、銀行や融資をお願いするところでは、
当然、自分が起業する内容について説明する機会が
おありだったと思います。

私はいきなり金融機関ではなくて、より良い方向を
伴走しながらアドバイスしていただける機関を探して
お世話になっています。

何度か自身の持っている特許について、説明する機会が
当然ある訳ですが、その時に必ず思う事があります。

「取っといて良かった・・・・・・・」です。

誰でも取れると言っていたと思います。実際にそうです。
でも、どんなことであれ、形にするのは容易ではありません。
一つでもそうしたものがあれば、自信が持てたのは確かでした。

沢山自信がある人は良いのです。正直私にはこれしかありません。
「ちっとも話を聞いていくれない」という前に
「聞きたい」と思ってもらえる最低限はこちらも準備を
するべきではないでしょうか?なーんてね
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック