特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
人・物・金は本当に必要なのか?
「三歩進んで二歩下がる」中です。
ここ二日間、精力的に情報を集めてきて、
今日は一旦、整理する日にしました。

なら、「二歩進んで一歩下がる」ではないかと言われそうですが、
「三歩進んで二歩下がる」はメンタルな部分です。
マイナスになる事ではありませんが、待てよとはなります。
 
自分の行動力で補える事なら、
「すればいいのか・・・・」となるのですが、
相手があることはそうはいきませんからね。

海外市場視野に入れていたのですが、
どうも、知財無法状態で厳しいようだということ、
所詮、「人・物・金」だと言われたこと・・・・

確か、アメリカにいたときは、
1に場所、2に場所、3に場所って言われました。
なら、「アマゾン」の成功なんてありえない訳ですよ。
日本的には「人・物・金」って言いますよね。
最近はこれに「情報・時間」も成功要素だとか・・・・・

そんな何もかも揃った人が相談に来るわけ無いじゃないですか?

世の成功者と言われる人達が、総て
「人・物・金」に恵まれていたわけではないと思うのです。

娘に話したら・・・・
そんなの作ればいいだけじゃん!って言われました。


因みに人材なんて、今時外注です。
人脈?私の知人はそれに騙されました。

なんか、支援するって言うより、三途の川原の鬼さんだな。
積んだ石を倒される感じ・・・・・
「この石なんてどうです?積みやすそうですよ」って
いうのが支援だと思ってたけど違ったみたいです。

このやり取りに挫けなかった人起業できるゲームらしいです。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック