特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
事業可能性評価の日取りが決まりました。
中小企業振興公社に通っています。
いよいよ、プレゼンの日取りが決定しました。
「事業可能性評価」という制度があって
それに現在トライ中です。

事業可能性評価という制度は多方面でのサポートを
受けることが出来るパスポートです。

この制度を利用するためには
事業プランのプレゼンテーションが最終関門になります。

事業計画書というのは、
起業してからも書き続けるものだという事を、
他が主催する起業セミナーで聞かされました。
その時は正直、何の為なのかわかりませんでした。
 
書く暇があったら・・・・・・・した方がというタイプなので
走りながら考えればいいのではとか、
というより、考えて動けなくなることが怖かったのです。

でも、最近になって自分は自分が思っているような
タイプではないことを知りました。
積極的に計画をし始めました。

案外、自分の予想が遠からず当たるようになって
事前に立てておいた計画の実証が楽しくなってきたのです。
すると、計画を立ててから走ってみたくなったのです。

で、或る程度こうした「ビジネスプラン」を作るようになって、
それを現実に活用するステージが決まった訳です。
現実の仕事の進行とは別にこうした目標があるのは
正直大変でしたが、おススメします。
絶対に客観的に自分を見てくれる人間は必要です。

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック