特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
「忙しい」の解決
あ、いきなりですが
今日は歯医者の予約時間を間違えました。
もう少し、早く診察券に書いてある時間を
確かめれば良かったのです。
なぜ、カレンダーに12時半と書いてしまったのか・・・・・

兎に角、連休明けに予約を取り直していただきました。
先生も大変です、私みたいなのが沢山いたら。
しかし、忙しいのは私だけではありません。
実は私が勝手に「忙しい」錯覚している可能性もあります。
絶対評価ではありませんから・・・・・・・・。

忙しいという字は「心」が「亡くなる」と書きます。
つい、忙殺されて思いがけない失敗をしたりもします。
忙しくて良い事はあまり起きません。
だから、[忙しい」に無抵抗に流されるのも良くないです。
何か対抗策が必要です。

私の昔の上司A氏が凄いんです。
どう見ても絶対に忙しい・・・・・・・
それでも何か質問されたりして、嫌な顔されたことが無いんです。
本当にこんな人見た事がありませんでした。

でも、絶対に無理な状況もあるので、そうした場合
「ごめんなさい、今のこれ後15分で終わると思うから
そしたら教えるね」と明確に予定を宣言して下さいます。
さわやかに、にこやかに・・・・・・
 
言われた人も15分で出来る仕事をして待てる訳です。
このA氏、自分の上司に対しても平等に断ります。
本当に忙しいので周りも、このA氏の宣言には逆らいません。

本当にスゴイのはそこからです。
質問した本人が忙しくなってしまって忘れていたり、
聞きに行けなかったりしても、絶対に聞きに来てくれるのです。

大抵の場合、放っておくと思います。
良い意味でも「あ、自分で分かったのかな」とか
「他の誰かにでも聞いて解決したかな・・・」とかありますからね。

本当に解からなければ、もう一度聞きに来るだろう・・・もね

質問した本人さえ自分で間違いに気が付いたりとか、
何とか自分で考えて解決でしたりとかね。

でも、必ず確認してくれます。そして、解決を褒めてくれたり、
一緒に考えてくれたり、もちろん解決策を教えてくれたり、
失敗を改めてくれたり・・・・・フォローです。
だから、失敗も本人だけに押し付けない方でした。

Mr.ディズニーランドなんですよ。
忙しくても、出来るんですよ。
即答「ムリ!」ってしていませんか?

あ・・・・・・今朝娘に言ったかも・・・・・・・。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック