特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
そうか!
自分でも、カテゴリとして「試作品」「商品化」としていますが、
もう一つ「製品化」というのがあると思うんです。
「試作品」と「商品化」には明確な差があることは、
作ることを仕事にしていなくても、解かっていただける
境界線だと思います。

ところが、「製品化」「商品化」となると「?」って
なって、どうでもいいんじゃないのと言われそうです。
実は日本のモノづくりは「製品化」までは優れていても
「商品化」が上手くないんじゃないでしょうか?

「良いモノ作っていれば売れる」ってところ
否定できないと思います。
でも、本来それが当たりまえで、私も大賛成です。

ところが、買う人は[イメージ」も買い物カゴに入れています。
広告の仕事を経て思ったのですが、
買ってみて、良かったは当たりまえで、
きっちり、比較ができるわけが無いので、
実際のところは、買ったものがイイ物なのです。

買い物かごに入れたのは、格好良く宣伝されていて、
ともすれば、使わなくても持っていれば満足できるくらいの
ガチガチの「イメージ商品」ってことないでしょうか?
そうだ!「イメージ製品」って言わないでしょ、それだ!

「製品」というのは「機能・性能」で成り立っていて、
「商品」というのは「売るための物」「買いたい物」
っていう線引きではないのかなぁ~。

ならば「商品化」って悪いのかって言われたら
決してそんなことは無いわけです。
だって、買った人はうれしいんですよ。

私、現在進行中の行程は「製品化」です。
「試作品」からは少し離れました。
これは「製品化」への戒めです。お客様に喜んでもらえる
「商品化」へは、もう一行程あるという事です。
独りよがりの製品化では、買った人も嬉しくないんですよね、ワクワクしたい。
「ワクワク」させるところまで、きっちり仕事しないといけません。


関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック