特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
「2×5」とは
昨日の続きです。
「2×5」とは、全くの初心者の私が
取合えずCADを利用して何とかなりそうな最低限のアクションです。

「2通りの考え方×5個の作業」が基本です。
CADの利用目的によって、限界とするところが異なってくるのは当然なのですが、
私の希望する「デザイン検討する」という程度ならOKでした。

この先、金型を制作依頼する図面については、
それが出来るソフトをあらかじめ選んでいます。
3Dを2Dにするプログラムが含まれていれば良い訳です。
 
まず、「2通り」とは形状を考える時、
一つの塊から削っていくのか、足していくのかということです。
そして、手段・作業は5つあって
「押し出す」「回転」「カット」「フィレット」「シェル」それだけです。
それを効率良くするための方法を理解して、手順を覚えれば
取合えずの事ができます。

他にも気の利いたテクニックが用意されているのだろうというのも
ツールからは感じます。
開かずの間がこの先もあるでしょうが、自分がしたい事の為の道筋なら
「ヘルプ」や「本」や「他の人の問題解決ページ」を参考にしながら
進めて行くだろうと思います。

此処まで来て、実際にモノを作る感覚と同じ方法で
パソコン上で表現しているだけで、特別な事ではないということです。
みなさん、楽しく作りましょう!
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック