特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
商工会議所という所2
商工会議所が主催する
「事業計画書の書き方」の講習に行ってきました。

正直、起業についての講習には今まで幾つが参加しています。
なので、「事業計画書の書き方」についてお勉強するのは
初めてではありません。

しかし、今回は「書ける!」と感じました。

多分、どの先生も本質的には同じ事をおっしゃっています。
(ごめんなさい失礼なことを言っています。)
コレは講師の先生の問題ではなくて
私が変わったのです。

自分の中のビジョンが、具体的になっているのですよ。
ここまで、きちんと煮詰まってないと
実は始めてはいけなかったのだと今、感じています。

今回、参加してこの事に気づけたのが最大の効果でした。

夜の商工会議所の研修室には
沢山の方達がいらしてました。
其々に夢があり、私より若い方、ご年配らしき方・・・・
今回、驚いたのは女性の方がほぼ半数を占めていたことです。

よその主催する起業セミナーに5年前に参加した時は
五分の一程度だったでしょうか・・・・
それでも、心強いと感じたものでした。

今、本当に女の人が元気です。



実は昨日、特許の査定が届きました。
講習会へ出かける準備をしている最中の事でした。

審査請求してから2度目の通知です。
また、「第○○条の何とかを満たしてないので・・・・」とかの
拒絶理由なのだろうと覚悟して開封しました。なにせ立派な素人

夢は突然現実になった訳です。

講習会の休憩時間に
女性限定ですが起業ミニメッセの出展者募集をしていました。
なんと、出展料は無料です。

11月の下旬なので私にも参加可能なタイミングです。
思わず「参加させて下さい」と手を挙げてしまいました。
商工会議所にはそんなチャンスも転がっています。



関連記事

テーマ:起業・在宅ビジネス・インターネットビジネス - ジャンル:日記

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック