特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
秘密保持契約の考え方
私にとって起業するのに、一つの不安はこの手の契約問題です。
「特許出願は確かに自分の権利を守るための文書ですが、
「契約」とはどんなものであれ、ハッキリとした相手と
具体的な取り決めの確認になります。

こうした文書を自分で考えるのは、経験の無い私には不安なものです。
それで、東京都知財総合センターへ草案を持ち込んで相談するわけです。
「相談」?「助けて!教えて」「コレで大丈夫ですか?」が本音ですね。

こうして何度か相談して、そうしているうちに契約の事も
勉強させていただいています。

特許についても「自分でとれる」とは言いましたが、
簡単だとは申しません。私には大変でした。

高々3枚程度のこの秘密保持契約もネットに出ている雛形を
そのまま使えるわけではありません。
自分の目的に適った文書にするためには、その思考回路が出来ないと
日本語も危うい状態になります。
(私の場合だけかも知れませんが・・・・・)

しかしです。この書面を持って行って、契約をした上でないと
何も話が進展しなくなりました。
つまり、なんとなくビジネスとしての動きが、出てきたということなのです。

いよいよ、本当にモノが作られようとしています。
皆さんに公開できる日が近づいてきました。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック