特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
完璧は無い
どんなに研究したつもりでも、
完璧なものは難しいです

というより存在していたらつまらなくもあります。
新しいものは、全て「未完成な何か」から始まっていて、
その未完成を更に超えようとする「次の未完成」が
「発見」と呼ばれるのではないかと思います。
世の中は新しい未完成で溢れていて、
誰かの「発見」を待っているのです。

その発見をするのは私かもしれないし、貴方かも知れない・・・・・・・・。

「不可能です」って言うのは
とても勇気ある発言だと思います。

可能性を否定する方がずっと困難です
全てを試してから、困難だと結論付けなければなりませんから。

それより、可能性を試して「出来ました!」って言う方が
はるかに簡単な気がします。

そうして生まれた「新しい未完成」を
只今、製品化するために試作を繰り返しています。
そこにも小さな気づきと改良があって、
何処で区切りをつけて世に出すかを検討しています。

今日、知人のリコーダーの先生に試して頂きました。
初めてプロに見て頂いて、色々ご指摘も頂きました。
更に改良は必要ですが、一番ポピュラーなタイプでの
使用が安定していると感想を頂いて、大満足です。

やはり、ジェット気流は気まぐれというか正直です。
私の姑息な方法を見抜いていました。
効果にメーカーモデルごとのバラつきを確認したのです。
正直、凹みました・・・・・・・・・・でも今、そのことにわくわく
しています。ここを超えたら、本物の特許ですよ!

それは、誰にもマネ出来ない領域に入れたということを
意味します。
そう、「新たな未完成」です。
出願しない、改良特許です。

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック