特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
日本の余暇市場
さて、わたしが飛び込んだ市場の規模は
どの程度なのでしょうね?
正直、打算無く始めてしまったので、
ビジネスプランやベンチャーキャピタルからすれば、
凄く離れたところからのスタートになります。

「好き」とか「作る」の観点でいくと
材料の選択、材料費 距離とか、送料とか・・・・・・・
思いつく内容が違っていました。
どうしたら、安くて良いものが作れるか、どうやって送るか
なんていうことが、まず浮かんでしまいました。

ビジネスとして考えれば、市場のニーズや規模を知って
そこから、最もコストパフォーマンスが期待できるものから
始めるのが、効率の良い方法です。

このギャップを埋めないと出資してみよう
と思ってもらえません。
「凄くコレ良いものなの、きっと売れるから投資してよ」
はありえません。

「このぐらい実際にほしい人が居て、作ったら買いますっていう
注文書をコレだけもらっているの、だから作るお金を助けて頂戴よ」
このレベルのお願いじゃないと私もお金は出せません。

手元に「2010年の資料で日本人の余暇市場」のデータがあります。
合計で67.9兆円だそうです。
内訳はこんなです。
  パチンコ・パチスロ・・・・・・・・28.5%
  飲食・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26.1%
  趣味・創作・・・・・・・・・・・・・・・・・16.0%
  観光・行楽・・・・・・・・・・・・・・・・・14.0%
  ギャンブル・・・・・・・・・・・・・・・・・・7.9%
  スポーツ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5.9%
  ゲーム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1.6%
いかにもザックリで、楽器は趣味・創作に含まれるのでしょうね。
ゲームが以外に低くて驚きました。

旅先のお土産で買った漬物は観光・行楽?
人にあげたら交際費?自分の家で食べたら食費?
つい他の数字にも目が入ってしまったりして・・・・・・・。

なんとなく想像つくのはゲームより少ないだろうと言う事です。
説得力ある裏づけがみつかりません。
数字が大切なのは分かりますが、ポピュラーではない分野の
資料、データを探すのは骨が折れます。

絶対にコレはブルーオーシャンで、
その上、地図上に発見されていない孤島ですね。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック