特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
独占禁止法は常に
今日は弁護士の先生による
「戦略的な知財契約の結び方」についての
セミナーを聞きに行きました。

今、正に私が知りたい事がスッキリと整理されました。

まず、私が気になっていた2点の問題の内の一つから、
独占禁止法はライセンサーにとって、
もっとも踏みやすい地雷なのでした。
何しろ「特許の権利行使が正当な場合のみ独禁法の
適用外になる」という仕組みなのです。
「一歩間違えば・・・・・・・」という事ばかりのような
気がしてきて怖くなりました。

黒・・・・・・・・絶対にダメ
白・・・・・・・・大丈夫
グレー・・・・公正競争阻害性あれはアウト
     公正競争阻害性の判断において安全とされる、
     「セーフサーバー」なら大丈夫

つまり、「グレー」を正しく理解して契約すれば良いわけです。

そして、もう一つの疑問、「当然対抗制度」は
サイセンシーが登録なしで第三者に対抗できるという
事なので、ライセンサーは自分で侵害行為に対して
差し止め請求しなければいけません。
故に、関係はありませんが、当然ライセンサーが
戦うなら、助太刀はしますよ。

スッキリしたような、難しくなったような・・・・



関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック