特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
侵害排除(第13条)
ここは解りやすい内容でした。

特許侵害になるモノを見つけたら・・・・・

1.見つけたら教えて下さい。
2.私が対応します
3.私が合理的に措置をとります。
・・・・・・・そんなところです。

そして、実施者には自ら侵害者に対して
差止請求、予防請求、できないとされています。
これらの侵害排除権は特許権者のみにあります。

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック