特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
第三者の権利侵害(第12条) その2
で、私に賠償責任があるわけですが、どうでしょう?
特許調査にだって限界があります。
プロに依頼して特許調査したものを申請をしたとします。
それでも、他に似たようなのがありますよと、
特許に査定が付かない事だってあります。
ましてや、専門家や特許庁でさえ「瑕疵ある特許権利」
とかを作ってしまうのです。

そこに責任求められても・・・・・・困りませんか?
ここから巻き返し?

で、契約で「特許の実施が第三者の権利を
侵害しないことは保証しない」定めておきます。
「ただし、訴訟を起こされた場合は特許権者は
責任は負わないが必要な情報を提供する。」
とします。これなら、私も納得できます。

そして、特許権者ではなくて、実施者の不祥事によって
特許権者が責任追及されないために
「第三者に対する損害」を規定しておくのも良いと
アドバイスがありました。

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック