特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
一つ書いてみました。
CIと商品名は商標を取っておこうと思っていました。

簡単に真似をされそうでしたし、材料選びによっては
粗悪品が出来上がることが予想されます。
何より怖いのは粗悪品によって、被る被害の方が
もっと大きいということです。

ブランドは安心を与えます。
商品名は親しみを与えます。

何しろ、この世に無かったものですから、
疑いの目で初めて使用するのです。
問題があったら、本当の機能を知らずに
葬られるのです。

一度でも本物を使用した経験者なら、
「あれ?おかしい」と異常に気付いてもらえますが、
初めからだと「こんなもんか」で二度目はありません。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック