特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
Amazonストアのページについて
さて、前回、「6年後のKOTORI楽器、物を作っていないかもしれない。」で、
実は「え、製造止めるんですか?」という、取引先からの反応に、
まずは、言い訳を・・・・・・
「今すぐとは言ってはおりません、いずれ・・・という事です。」
まだ、dim.dim.作りますよ、大丈夫(笑)

そこで、ネット販売で、Amazonさんにある「Amazonストア」を
作ろうと思います。
私の結論、物を売るならAmazon検索に強くなろうです。

物を買うときに、Amazonをまず検索するとします。
既に、「買い物をする」「お金を使う」、スイッチが入っている訳です。
目的のものを探しているうちに、もっとお得な商品や
更に、良い商品を見つけてしまい、そちらを購入なさったケース、
ご自分でもありませんか。
商品を探す人の検索テクも、Amazon様の勧め上手も
腕が上がっています。

そうなんです。 「世の中にこんなものもあったんだ・・・・・
知らなかった」・・・・・と見つけただけで、お得な気分になりますよね。
お店をのぞいて、あれこれ見て、「こんな物あったんだ」となる。
ECサイトもそういう場所として定着してきました。

そこでです。
SEO対策して自分のページを検索上位にあげる努力も必要ですが、
手っ取り早く、集客力のあるAmazonで、検索した人が見つけやすく、
選びやすくするのって、実はSEO検索上げるげるより簡単で
ダイレクトに欲しい人に届ける方法です。

特に、ニッチなうちの商品には、ある程ですが
おかげ様で上位取れているので、有利かもしれない・・・・

何故、出店していながら、追加の料金無しで利用できることを
まだ、していなかったのかな・・・・・・
それも、結構前から提供されていたサービスです。
反省している場合ではありませんよ、すぐにやろう!

KOTORI楽器が展示会で言われる最も多い言葉は
「え、こんなものが世の中にあったんですか?」(あるんです)
「知らなかった」(そうですよね、だと思います)
「宣伝してますか?」(そこまで手が回っていませんで・・・。)
(括弧)は私の気持ちですが、小さな製造業の皆さんにも、
あるあるだと思います。

何とか見つけてもらえる良い方法はないかな・・・・
押し売りするつもりは無いですよ、 
選択肢の一つにしてもらいたいだけなんです。

「商品、機能を、知ってもらおう!」
初心に帰って、ますはここからです。

新製品を作ってからにしようかなとも思ったのですが、
私の気持ちがノッているのがこっちなので・・・・
これからやります。