特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
リコーダーの音が苦手なお子さんに
「聴覚過敏」ってご存知でしょうか。
日常生活の音が、「響く」「割れる」「エコーがかかる」などと
いった風に感じるそうです。 
それが聴こえだけの問題ではなく、耳に痛みを伴ったり.
不快感,恐怖,苛立ちといった感覚も伴っていて、
更に、頭痛やめまい、頸部の違和感や疼痛が生じる場合もあるそうです。

この症状を知ったのは、お子さんが、リコーダーの音が怖くて出せな
かった
といとう保護者の方からでした。
特定の苦手な音があって、そのうちの一つがリコーダーの大きな音が
苦痛
なのだそうです。 そうした「聴覚過敏」のお子さんは意外と
多くいらっしゃる
ことも教えて頂きました。 
 
dim.dim.で、音が小さくなればリコーダー練習が出来たそうで、
こうした道具があって良かったと喜んでいただけていました。
私もとても嬉しかったので、同様の事で悩まれている方に試して頂けたらと
思い、ツイッターでつぶやいたところ、意外な方からも
私もそうだという反響を頂き、少し詳しくブログにしてみました。

私、数年前にストレスで、眼瞼痙攣になったことがあって、
同時期に耳鳴りが始まったんです。
でも、よく考えてみると「耳鳴り」と思っていた症状は、
案外、これだったのかもしれないと思いました。

シャワーの音と換気扇の音が今までと違う音に聴こえるんです。
こもったような、やたら響くような・・・・・この両方が聴こえる
炊事仕事が特に苦痛で、ヘッドフォンで音楽を聴きながらしていました。
そう、ヘッドフォンの音は普通に聴こえるんですよ。 
都合の良い耳です。 

入浴時もシャワーの音が気になってリラックス出来ない。 
自分自身の声の聴こえも響く感じで
話すのが辛くなったり・・・・それでも
私、大抵病院に行かないんですよ(笑)
病は気から・・・ストレスが原因だわ私、きっと・・・・
ストレスに耐性が無いのが良くない、くらいに思ってしまうんです。

案の定、そのストレスの原因が無くなったら、
いつの間にか、目の上の痙攣も起きなくなって、
音も同時に普通の世界が戻って来ましたね。
2か月間くらいだったかな・・・・・

今考えると、この不快な状態は、精神的にも大変な負担でした。
この音を聴いている時の恐怖と苛立ちは、
なんと表現したら良いか分かりません。
全神経が耳に集中してしまうのを、どうにもできませんでした。

もう、気のせいだとかそんな事を言われても、どうにも自分で
コントロールできませんから、辛かったですね。

耳鳴りだったのか、聴覚過敏だったのか、他の病だったのか・・・
今となっては曖昧ですが、耳に問題を抱えることが、
人にとって想像以上のストレスになる事を、少しだけ私も体験しました。

これらの症状を長期に渡って抱えていらっしゃる方には
心からの治癒、救済をお祈りいたします。

そして、リコーダー練習の音で苦痛を感じていらっしゃるお子さん、
その練習の音を聴くのが辛い第三者が居ること、その両者が
世の中に居るのだという事を、多くの方に知って頂けたらと思います。

ウチの子、リコーダー苦手なのかしらと思っている保護者の方、もしかしたら、
リコーダーの大きな音が怖いだけの可能性を疑ってみてあげてください。
dim.dim.でリコーダーの音が小さくなるだけで、練習が出来るかもしれません。



「動き」はチャンスです。
「世界市場」、このお題で久々書きます。
海外販売については過去、スッパリと捨てる宣言をしました。
2012年の事でしたね、あれから7年経過、
今年、木製リコーダー用のモデルが出来たので、
よし!行くぞって感じでした。

日中の貿易問題といい、ついに拗らせ状態の日韓関係に
日本側が「良いよ別に仲良くしてくれなくても」って
言ってしまった今・・・・・・

今月末までに回答しなければならない、
海外の知財について、大いに悩んでいるところです。
「あー昨年の話し、断っといて良かった」と
「あの国で取った意匠権どうしよう・・・・」と
それは、それは、頭と痛めています。

輸出する国も変更しようと思っている今、
あの国の分、他の国で取っといた方が良くなかったかな?
一人反省会、連日やっています。

今やってる開発、私だけがしていると思ったら大間違いです。 
世界のどこかにライバルは、確実に居ます。
日本国内だけでも大変なのに、グローバル化とやらで
更なる規制や競争が起きる訳です。

私がどんなに頑張ったところで完璧はありませんが、
「しないこと」を決めるのは、「すること」を決めるより
勇気が必要です。 

こうして市場が変化している時に、直ぐに飛び込めるように
身軽にしておかなければいけません。   

市場の急速な変化は「危機」にもなりますが、
上手く利用できれば、またと無い「チャンス」ですよね。
みなさん、一緒につかみましょうよ。