特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
市場開拓助成事業に採択されました。①
起業から3つ目の助成金です。

助成金って色々ありますが、申込時に申請出来る要件を
満たさなければいけないものもあります。
今回の分は、この応募そのものに制限があったものです。

採択を受ける前に審査機関からお電話を頂き、
内容の一部変更が出来るかを尋ねられました。
よくはわかりませんが、私はこの申請の採択は無いな・・・・・・・
「私は選ばれない」と感じました。

ある、ビジネスコンペを逃して以来、こうしたことに
自分のビジネスはあまり評価されてないものだ。
ただ、女ひとりで頑張っているから、今の時流だから
ちょっと情けをかけてやろうくらいの代物であると思っています。

しかし、実際のところ自分で開発から製造、販売、
なかなか大変です。 その上展示会をするなんて無謀です。
出展の小間料ってどのくらいすると思いますか?
個人の私には腰が引ける金額です。

出展の小間料ご興味のある方は「CEMICON JAPAN」
これ、私が知っているところの平均より、若干安めな価格だと思います。
それでもこのくらいは掛かりますし、ブースの装飾費やパンフレット、
運搬や当日の人件費等・・・・は他に必要です。
この金額が半分になるなら、採択して頂けるととてもありがたいです。

ですから、採択は諦めかけていた事を、「やってみれば」と
背中を押される、充分な動機です。

でも、変更を求められたのは出展先でした。 
私が出展を希望していたものが、展示会では無くイベントの扱いで、
BtoBでなければ助成しないという大原則から外れていたからです。

現在、出展先探しに奔走中、続きは次回必ずというところで・・・・・。