特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
チラシを作っています
そうなんです。 チラシも作っています。
特許をおすすめしているので、こうしたものが必要になる
という事もプランの中に入れておいて頂きたいのです。

どういうモノかという説明と使用方法などについては
新製品であれば絶対に必要になってきます。
誰かに作ってもらうのはコスト、作業とも意外と大変で、
出来れば自分で作ったほうが良いです。

難しくはありません。 特許を出願する際の図面を
下敷きに出来るところもあるでしょうし、
分かり易く、正しい説明が出来るのは出願した本人です。

必死で説明しようとすることで、自分の説明スキルが
磨かれることも実感できますよ。
最初の売り込みは、自分でしなくてはいけないでしょうから
具体的に「ここが良い」とか「他に無い」とか
自分の中でも整理しておいた方が、良いわけです。

今、私が作っているのは・・・・・
「チラシ」「ビラ」「フライヤー」と呼び名がありますが、
とにかく、商品の広告宣伝の為のA4の印刷物を
今、考えています。

ウチの商品はリコーダーの音量調整器だけですが
商品数は2種類×2サイズ×カラーで
9種類のものがあります。

購入するお客様の求めるところによって、
多少内容を変えたものを準備しています。

メーカーとして新製品の販売支援は必ず必要になります。
原稿、コピーライトの資料や準備は誰かに頼むにしても
必要になってきます。
いっそ自分でやった方が良いって思うことでしょう。
印刷コストだけを考えても、最近はオンデマンドで
簡単に安価にできるようになりました。 

入稿もAdobeじゃなくてもプレゼンの時に使った
パワポで受けてもらえるところもありますから、
挑戦してみてください。

私も販売して下さる問屋さんのお話しを聞きながら、
商品をどんな見せ方にしたらいいのか、
無い知恵を絞っています。

販売店さんが売りやすくなる説明を考えるのです。
そうすることで、次の商品開発のヒントにも
なってきます。
無駄な事なんて、一つも無いんですよね。
オーブントースターVS餅焼き網
今年はお餅を焼くのに餅焼き網を買いました。

理由は間取りにありました。
今まで住んでいたマンションでは、キッチンが全く別に付いていました。
今回、リビングダイニングでキッチンも一緒、
更に、洗濯機も部屋の角にあるんです。 
私が家事もしながら仕事が出来る間取りです。
主婦の起業におすすめの物件です。

つまり、この物件、
ガスレンジの様子を、見ながら他の仕事が出来るのです。
焼いたお餅の美味しさは、子供の頃に体験しています。
今年のおせちで一番美味しかったのは、お雑煮かもしれません。
焼いた餅の風味が、いつものお雑煮を数倍も美味しくしてくれました。

そして、今日、トースターが温まらないという事象が起きました。
おせちも飽きてパンを食べたいと言われ、パン焼きも再開していました。 
ホームベーカリーは、普通に添加物の入っていない
美味しいパンが食べれる便利な道具です。 今回はクルミのパンです。
2日目のパン、トーストした方が美味しいです。
それに、クルミ入り・・・・・・
ところがトースターが不調・・・・・ そうだ餅焼き網がある!

直火は凄いです。 はたして餅焼き網でトーストされたクルミパンは、
パン自体もさることながら、更に香ばしくなるクルミとの相乗効果で
今までに無い美味しさでした。
レストランでこれを出されたら、感動します。

それとなく、そうした事が食べ物を美味しくすることは、テレビやネットで
見かけることはありました。 ほんとだ美味しい!!!

本来、トースターは餅焼き網でしていることを、見張っていなくても
勝手に同じことをしてくれる商品だったはずです。
でも、風味という魔法の調味料はどこかに行ってしまったようです。

餅焼き網は正月を過ぎても使えそうです。

オーブントースターVS餅焼き網は、
餅焼き網に、ヤキモチを焼くオーブントースターの図になりました。
お後がよろしいようで。
信頼を得る
「信頼を得る」為に人は何をすれば良いんでしょうか・・・・・
いきなりなテーマですが、ググったりせずに
今の自分の思いつくところで考えてみようと思います。

約束を守る
秘密を守る
時間(期限・納期)を守る
期待される完成度をクリアする
嘘をつかない
トラブルが起きても誠実に逃げずに対応する。
つまり、責任転嫁しない
まだまだ、ありそうですが私は2分でこれくらいです。

この中で最も大切な一つを選ぶとしたら、
「嘘をつかない」ということではないでしょうか。
では、人は何故嘘をつくのでしょうか・・・・
それは何かを守るためにしてしまう場合が多いのでは?
大切なものかもしれませんし、虚栄心とかだったりもしますね。

「信頼を得る」ということは、嘘をつかないためにはどうしたら
良いかを考えればいいのかもしれません。
例えば、見栄を張るようなカッコいい事を言わない。
ありのままを伝える努力をする。

ただ「秘密を守る」については、ありのまま答えて良い筈は
ありませんから、「言えません」と言うか、黙っておく・・・・
最近、この「言えません」っていうの使ったなぁ。
もっと上手く切り抜けられたらいいのに・・・・
嘘をつかないスマートな方法の研究がもっと必要だなぁ・・・
平素考えておかないと・・・すぐに出てきません。

信頼を得るのは本当に当たり前で難しいのです。

他の人はどうしているんでしょうか?
年頭所感
まず、今までのKOTORI楽器のおさらいです。

1年目は創業、ネットからキットタイプで販売開始、
資金調達、創業補助金が決まって・・・・・
2年目は組織化をしようとして・・・・中間的な量産化まできて、
3年目は量産化が出来るようになって、BtoBのスタート。

そして、今年、

とにかく、販路を増やさず、出来るだけ多くの
販売店に置いてもらえるようにする。
?矛盾していると思いますが、ひとりなので、増やしても手に
負えません。 クォリティーを下げて量産するのは危険です。

いい加減にならないように注意しながら増やしていく。
丁寧に着実に増やしていく。 信用第一です。
そして、販売してもらいやすいように、メーカーとしての
努力をする。

そう、パンフレットを作ったり、プロモーションの動画を
作ったりすることも、メーカー責任だと思っています。

今年は店舗販売に繋がるルートを強化していきたいと思います。
酉年ですよ、羽ばたくぞ!
挑戦しているという実感
あけましておめでとうございます。

私の仕事はひとくくりにすると製造業に分類され、
生活用品その他を生産するというのを生業としている兼業主婦です。
つまり、何が言いたいかと申しますと、それだけでは
充分な収入とはなっていません。
夫の収入があるから続けて来られている事業です。

それでも、広く社会の中で考えれば、ご購入して頂いた方には、
リコーダー練習の時間と場所を提供し、販売をして下さっている
楽器店さんの商材となり、製造に関わって下さっている会社の方の
幾らかの利益となるモノを開発しております。

以上のこうした内容が、より世の中で価値を見出していただけて、
より多くの方に喜んでいただけると,事業として成り立っていくのです。 
当たり前ですが、すべて事業とはそういうものではないでしょうか。
ですから、事業スタート時にいきなり見出してもらえるかも疑問ですし、
皆さん、躊躇なさるのでしょう。

私の事業もまだまだ未熟ですが、起業してみて思ったことです。
「挑戦している」という実感があります。 

マザー・テレサの言葉です。
「持っている一番いいものを分け与えても、
決して十分ではないでしょう。
それでも一番いいものを分け与えなさい。」

癒しツアー」さんに
全文の訳がありましたので、よろしければ宗教宗派関係なく、
読んで頂けたら幸いです。

起業して4回目の新年です。
お力添えと励ましをいただいた全ての方に感謝し、
今年も、挑戦し続けることをお約束致します。