特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
ホームページに書き続けるべきかしら
ホームページにそのまま載せているこのブログですが、
きっかけとなったのは、自分の経験から特許を
自分で出願できることを伝えたかったのが、始まりでした。
そして、女性の働き方として、家族を大切にしながら
本当にしたい事を実現できないものかという、
実験でもありました。
(何か偉そう・・・、結局、全部大切だなんて勝手な女だな・・・)

特許を取れば何かが変わると思いました。
当初は自分で作ることになるとは思ってもいなくて、
誰かが利用してくれたらいいなと考えていました。

ところが、誰にも使ってもらえそうになくて、
大きなものでも無かったから、身近な材料で作って売ってみて、
そして、案の定、色々苦労することになって、
人に頼む費用ももったいなくて、あれこれ自分ひとりで
やってきた。と言う物語です。

現在も、次々に起こる問題に悩みながら、何となく(迷って、迷って
止まれなくて)ここまで来ています。

ところが、一応個人事業ですが、事業として動いていて、
量産し、それを楽器屋さんに卸すという大それたところに至り、
このまま(ブログを)続けていいものかと思うのです。
ホームページを見にいらした方が、このブログに違和感を感じ
ないのか気になりだしました。

dim.dim.を買って下さるお客さまにとっては、要らない情報ですよね。

あ!そうだタイトルに書いておけば良いかもしれない・・・
「働き方に迷っている人の為の・・・・(駄目だ、自分が一番迷ってる)」とか
「特許を取って(売れなくて)、どうしようかと思っている人へ・・・・」とか
うん、そうしよう・・・・それにしてもこういう事が、
自問自答で決まる・・・・・・個人事業は、自由で孤独。
お店で扱って頂けるようになりました。
12月13日から宮地楽器さんの小金井店ショールームに
dim.dim.を置いて頂いております。

そこに至るまでをかいつまんでお話しすると、
11月の楽器フェアに遡ります。

今年の一月から、量産化に向けて具体的に動き始めていました。
今までの中間的な量産商品(スタンダード)を販売しながら、
品質を落とさずに出来る量産を次の目標にしていました。
工場を訪問し、納得できるパートナー探しからでした。

プロモーションの計画を含め、ある程度自分の中で
方向性も決まったところで展示会に出展して、BtoBへの
種まきを始めました。

実際に始めてみると、予定通りとはいきませんでした。
一気に進めて行こうと思っていたのですが、
一つ決まったら次のお話しへと、ゆっくり進めて行くことにしました。
現在、スタンダードのタイプが先に店頭に並ぶ事になりました。
来春、工場からの「dim.dim.スクール」が楽器の卸さんに
届く事になりました。 

そうなんです。 商品のタイプで販売先が変わるのです。
量産タイプが出来たからこそ、初めてBtoBに向けて動けたのです。
販売して下さるところも、おそらく2種類あるから決めやすい
のではないでしょうか。 それぞれ得意とするターゲットがある筈です。
「スタンダード」だけではこのスタートはありませんでした。

迷っていた楽天さんからの販売も、倉庫のお手伝いを頼みながら、
出展販売を目標に来春再開することに決めました。

今までは設備として、パソコンやソフトが開発の為に必要でしたが、
販売に移るとファックスや商品ディスプレイの為の小道具等に変わって
きました。
ファックスは買い替えることになり、現在、設定に手間取っているとことろです。
今までのプリンターと違って、両面印刷が出来なくなったのは
どんな機種でも当然出来ると思っていたので、考えてもいませんでした。
いやはや・・・・・