特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
「音」を優先にしよう
私は楽器の音量調整器を作っていますが、
開発のスタートは「音を小さくする」ということからでは
ありませんでした。

どうやって、楽器の「良い音を残せるか」という限界点を
見つけることでした。
最初の頃の開発段階では、小さくするほど、リコーダーの
音の良さが無くなって、「スースー」という息の音が
増えていく感じでした。

良い音を残すには、本来、楽器がどう音を作るのかを
知る必要があったし、音に影響を与える要素も調べる
必要がありました。

そうすることで、各社のメーカーの特徴や、
響きにどれだけの工夫があるかも知る事が出来ました。

そして、リコーダーを作った人達へ敬意を込めて、
リコーダーそのものを、傷つけないような工夫が必要
だとも思いました。

そうやって行き着いたのは、出来る限り元のリコーダーの
機能を使って発音させるということです。
ですから、dim.dim.は、音が違うのです。

ウィンドウェイに紙を差し込めば小さくなる事は、
既に多くの方が分かっていたのですから、それでは商品化する
意味が無いと思っていましたし、望んでいた音量にはなりませんでした。 

会社の名前に「楽器」を付けている以上、便利な道具どまりでは
私も納得いきませんでした。 
出来るだけ音色を維持して、発音させたかったのです。

そう、楽器そのものを分析するところから、入ってしまっているので
先人の苦労を台無しにするのはね・・・・・・。

やっぱり、結局ウチは「音」です。