特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
二つの好対照な展示会風景
「ファインテック」と「JAPAN HOBBY SHOW」に行ってきました。
2週続けての展示会めぐりですが、ホビーショウでは
あまり名刺を交換することが無く後の整理も楽なので、
私にはとても良い組み合わせて、負担が少ないのが助かります。

この両方の展示会に用があるのは「3M」さんとウチくらいだと思います。
全く相反するカラーの展示会で、比較してみると非常に面白いです。
男と女は違う生き物であることがわかります。

まず、駅に着いた時点で違います。男女比が逆転します。
方やスーツ姿ばかりで、バッグは黒、全体にモノトーンカラー。
流石「ホビーショウ」凝ったヘア・アクセサリーを付けた人、
色とりどりのバッグや服、そして、大抵友人などのグループ行動です。

会場に着くと、前者は暗い中に浮かび上がるような照明の効果を利用した
展示スペースが目立ちます。大画面あり、未来的なデザインのウェアを
身に付けた女性がパンフレットを配ります。
かっちりしたシャープなイメージのブースが目を引きます。

後者は圧倒的にカラフルでゆったりと低めのディスプレー、
男性はポロシャツやエプロン姿でレジ担当、説明役は女性がメインでした。
商品数はそのまま店舗が移動してきた感じで非常に大量です。
色、柄、実に多様。

そして、トイレ・・・・私が行く展示会で女子トイレが混むことは
あまりありません。でもホビーショーはそうはいきません。

ここは私が対象とするマーケットのシュミレーションでもあります。
リコーダーはホビーショーでサキソフォンはファインテックのカラーに
なるだろうと思います。
どっちもデザイン出来るのは楽しいですね。、