特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
創業補助金の申請をしました。
展示会の準備と並行して、初めての決算と創業補助金の申請がありました。

創業補助金の申請は先週末にようやく提出できました。
なかなか、提出出来ない理由があります。
単純な計算ミスやら、補助内容の解釈の違いやら、まあ色々です。

申請して一度で通る事はありませんというお話を
申請手続きの説明会で受けてはいたので、覚悟はしていました。

つい最近出席した、日本政策金融公庫の女性経営者対象とした
資金調達の説明会でも、あまりに大変で辞退者もあると聞きました。
なんと勿体ない。 私なら石に噛り付いても頑張るところです。

蒔かない種は生えないのです。
沢山の種まきにはそれなりの資本を必要とします。
勿論、無料の方法も活用した上で、更にあるに越したことはありませんよね。

無理に消化する必要も無いのです。 
200万の補助金を使いきれない人もいるそうですが、製造業は間違いなく
使いたいです。 いくらあっても足りないくらいです。

しかしです。 考えて頂きたいテーマはその先にあります。
今回のこの補助金については、宣伝広告には使えても、
商品の製造には認めて頂けません。
そうなのです、補助の対象が何であるかの確認が大切です。

このことで、私は今までのビジネス・プランを変えることになりました。
でも、結果としては悪くないし、その結果が楽しみでもあります。

とても縛りが多い助成金ではありますが、チャンスに変えようと思えば
別なアイデアも生まれました。 

9月までの期間が対象で、その後の清算時に又一山ありそうですが、
資金調達の一つとしてやはり助けになります。
追風ですよ、やっぱり。 

ただ、製造業にはどうでしょう・・・・・・多分IT関係とかの方が
清算楽ではないかしら・・・隣の芝生?
次回、私の製造業で何が躓きだったかご紹介しましょう。

本日、ここまで。