特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
”JIM HALL TRIBUTE”
”JIM HALL TRIBUTE”
featuring RON CARTER
with GUITER PLAYERS

駅のスタンドで、毎月必ず「Blue Note Tokyo」を取って帰ります。
そこに書かれているタイトルに釘付けになりました。
まるで亡くなったみたいな書き方ではないですか・・・・・まさか!

12月10日に自宅で亡くなったという記事を見つけました。
残念です。本当に・・・・・・

いつか仕事が楽になったら、ご褒美に好きなアーティストの
ライブめぐりをしたいと思っていました。
彼は急いで聴きにいかなければと思っていた人でした。
悔いが残ります。

聴いたことの無い方はどうそ、好きか嫌いかしかありません。
Jim Hall [ Two's Blues ]Steve Gadd Drum Solo ' 75"
Jim Hall and Petrucciani live "Beautiful Love"
Jim Hall - João

お勧めは、この3曲アタリでしょうか。
確か初めて聴いたのはBill Evansとの共演で、
正直Bill Evansのピアノに気を奪われていて、
記憶に残らなかったんです。
でも、ベースギターの音が凄く好きになって、一時期どんな曲も
ベースしか聴こえなくなっていて・・・・・・・
そんな時、JIM HALLのコード展開が実は素晴らしい事に
気が付いて・・・・・・
決して派手なプレイヤーではないんですけどね。
彼無しでは作れない官能的な響きがあるんです。
それが切なくてたまらなく良いのです。
ありがとう、私はあなたを忘れません。
今の耳とこれからの耳で、また沢山あなたの作品を聴き直します。
また、発見したら報告しますね。

さあ、更にスピード・アップ!仕事を早く片付けないとね。