特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
期待値のちょっと上
やはり、そこがプロではないでしょうか。
そういう人の経験に頼った方が間違いがないのです。
特に最近思う事として、「特別」とかではなくて
「期待以上」っていうのが個人的に好きです。


昨日、美容院に行きました。
私、化粧品にも興味が薄いのですが、
ヘアスタイルについても、そうです。

なので、いきなり「5センチくらい切ってください。
毎朝、こんな風にネジってヘアクリップで留めているんです。」
実際に上げて見せて「長すぎると此処がこんな感じになるので、
よろしくお願いします」
どうでしょう。本当に5センチ切って下さるだけで
私は満足だったりします。

ところが提案されました。
「少し髪をすいてみませんか?せっかくかけてあるパーマも
それだけで復活しますよ」なるほど・・・・・・物理的に納得できる。

で、今とてもいい感じになった訳です。
この、思いがけないちょっと期待値を上回るサービス、
過剰ではない訳です。

で、考えるのです。私の商品の場合、
「期待値のちょっと上」はどこでしょうか。
きっと、これが何時か思った、日本人の厳しい評価の
最低ラインではないかと答えを見つけたような気がしました。