特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
商品化を視野に入れた特許
商品化に向けて動き初めています。
特許を取る時にも、充分に考えていたところです。
その為に仕様も変更して取りました。

ポイントは金型を出来るだけ使用しないとか、
郵送しやすくするとか・・・・・・
生産しやすいのはマネされる危険性が高いのですが
そこは特許に頼りたいところです。

あらかじめ考えられるところは考えたつもりでした。
それでもすんなりとはいかないものです。

特許を取ってもそれが製品化されていな物が
実は沢山あります。信じられませんが、
そこが特許が贅沢品だと思われているのもあると思います。

活用できない特許は、研究者に現実の像が
つかめていなかったのではと考えられます。
かつて、それは仕方ない事だったんです。

採算ペースで考えると研究はお金もかかるし
発見する気も無くなります。
実用化まで視野に入れていたら発見なんて無いと
言ってもいいです。

何か問題があって解決するものを考える、
私のような特許は、実は考え易いものなのです。
あらかじめニーズもターゲットも掴めている
商品化するための特許です。

これから、発明で起業しようと考えている方へアドバイス
するとしたら、商品化が有利になるように考えて取ってください。
特許庁に持っていく前に、これを製品化するのに
製造工程を思いうかべて、自分で出来るところがあるかとかね。
製造費が安いのに越したことはないのです。

利益率が低いのが日本の製造業の課題だと思っています。