特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
実施許諾-その2
こうした契約を結ぶ事も、私にとっては大切な知財材戦略です。
さて、実施の許諾権限がある私の事は、ライセンサーと言います。
実施する権利者をライセンシーと言います。

法的に確実にチェックしておかなければいけない点だけをまとめてみました。
まず、私にちゃんと実施を許諾できる権利があるかどうかです。
大丈夫ですよ。特許証の特許権者、発明者は私の名前しかありません。
総ての権利が私にありますから大丈夫。
共同開発でもないので、私と契約すればご利用いただけます。

そして、どの技術を実施しても良いのかを特定します。
これ、難しそうです。
一番、時間をかけなければいけないところです。

で、ここから大きく2つに分かれます。
専用実施権と通常実施権です。
そして更に、通常実施権は独占的か、非独占的に分かれて
意味合いが違ってきます。

ライセンシーからのリクエストもあると思われますが、
私自身がどうしたいのかを明確にしておく必要があります。

楽しい研究開発とは違う、緊張感の様なものを感じますね。