特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
助成金
私個人の国内の特許については、
最大限のメリットを利用出来ていたと思います。
やはり、特許というのは道楽に分類されても仕方無いほど、金食い虫です。
総て制度を使わずに、弁理士にお願いすると120万円ほど掛かるそうです。

因みに私の場合、出願から査定料までで(電子化手数料込み)約4万2千円掛かりました。
                          基、約4万2千円で済みました。

小泉内閣以来、日本は慌てて「知財」に目を向け始めました。
 
会社内で「特許部」は「知財部」と呼ばれるようになり始め、
企業戦略の一つになりました。

そして、最近アップル社がサムスンを特許侵害で訴えたり、
日本は昨年中で8千億円ほど中国の知財への侵害行為で損をしたようです。
今や、国力を脅かさんばかりの凄いで、知財でせめぎ合いを繰広げています。

で、国際特許ですが、更に国内特許より手続きが煩雑になってきます。

本日、助成金の説明会があって参加しましたが、凄かったです。
満席だし、質疑応答が時間内に納まらないほど皆さん熱心で圧倒されました。
 
まだ、法人化していない私は資格から漏れるのですが、聞いておいて良かったです。
いきなりは無理ですね。

でも、PCTは出します。
そして、多分、来年の今頃には挑戦していると思います。

海外市場の確保は今の日本で必須です。