特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
PCT国際出願制度
私の場合、楽器に関する特許なので
海外への特許出願も視野にはありました。

しかし、経費や現地の弁理士さんに依頼したり、
その他を考えると、凄く高いハードルでした。
これに手を出すくらいなら、
やっぱり、権利を譲渡して
あっさりお任せした方が懸命である。
と思っていました。

ところがこの「PTCルート」を知って
製造も考えてみようかナ・・・・と
揺れ動いているわけです。

ただ、「PTCルート」には期限があるのです。
日本での特許の出願日から、1年以内に申請しなければ
なりません。

間に合えば、30ヶ月以内
出願したい国を決めてから出願すればよくなります。
更に、日本に特許を出願した日を、出願日にしてくれます。

これが、一番手前の仕事になりそうです。

テーマ:ものづくり - ジャンル:ビジネス