特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
「検索」は大切です。
商標は思いつく限りの検索をかけて、調べてみました。
きっと、プロではないので無駄な事をしているんだろうな・・・・・
と、思いながらもするしかない作業です。

特許の時にも散々調べました。
拒絶の通知が来て問い合わせた際、
審査官の方から
新規性については問題ありません」と
言われた時に、嬉しい反面、
「アレだけ調べたのだから有る筈が無い
くらいの自信がありました。

で、私がどれくらい調べたかと言うと、
夜、ワインを片手に
「ちょっと調べてみよっかなぁ~」
とデスクトップに貼ってある「特許庁の検索画面」があって
クリック、ぽちってやるわけです。
他にも研究論文を検索出来る無料のサイトも探したなぁ
コレが実に2年です。

なかなか決心つかなかった訳ですよ。

検索のプロがいらっしゃるそうですが、
特許を取ろうと思ったら、
絶対に自分でもしてみた方がいい作業だと思います。
 
仮に、特許調査を何処かに頼む事になっても、
凄く、勉強になると思います。

類似したことを調べるのは、
自分のやろうとしている事の方向性の確認なります。

ライバルが何処なのか・・・とか、
差別化するための切り口はどこか・・・とか
情報が満載です。
 
因みに私の場合は、
ライバルがわかった事で、
海外にもある市場を知りました。

特許をとってからも「検索」し続けています。