特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
楽器販売の現場に立ってみた。
大手楽器店のリコーダー販売の会場の片隅で、
「dim.dim.」の販売をさせて頂きました。

苦手分野ではありますが、お客様の声を聞ける
機会は多くありませんので、勉強になります。
販売して頂いている方の苦労や喜びも、
感じさせていただけます。

正直、ネット販売というのは一方的な行為であると、よく思います。
買う方も文章や写真、想像を膨らませて購入しなければ
いけない事も多いのです。
そして、メーカーは間違った使用方法で効果が得られなくても、
厳しいご評価を頂きます。 メーカーは、説明責任があるので、
そうした場合のクレームも全て引き受けます。
お店の方は、きちんとした商品を取り扱う事で評価されるので、
より、品質を見極めて仕入れをしなければいけない訳です。

つまり、メーカーはお客様とお店との両方に責任があることを
忘れてはいけません。 

この当たり前の事を、実店舗の販売では、相互に肌で感じる事が出来る
貴重な三日間でした。

この店舗さん非常に信頼も厚く、お客様は勿論のこと、
演奏家の方、楽器卸の方、全ての利益と満足を大切になさっているお店です。
こうしたお店は地元に根付き、コミュニティーとしても成立した、
完成度の高いお店、正に老舗です。

新製品も非常に吟味なさっています。
因みにdim.dim.についても、ホールで長い事、担当部署のトップだろう方が、
ご自身でテスト演奏して下さり、わたしにも、色々質問して下さった上で、
扱って頂ける事になりました。

そして、私のような慣れない人間に、大切な接客まで任せて頂いて、
もうそれは品質で応えるしかありません。
今回、初めて、オーダー・メイドのようなことにも挑戦させて頂きました。

私の商品にファンがいらっしゃったことも知ることが出来て
嬉しかったですね。 とても使って下さっているお話しでした。
今日は、その方の演奏も聴くことが出来ました。
メーカーとしては夢のようなお話しです。

その方、正直、非常に上手な方でした。 
運指とタンギングの練習については、特に皆さまから評価して頂いている
ウチの製品、お役に立てているみたいで、もっと良いものを作りたいと
開発魂、燃えました!

ファンだととおっしゃって下さった方、一応に上手い方なのです。
実はこれ、意外な共通点でした。
このあたり、私はキチンと見極める必要があるかもしれません。

つまり、Amazonの楽器販売では、演奏する方のレベルについて 
初心者からプロ用、どんなユーザー向けなのかを定義する欄があります。
案外、「初心者向け」では無いのかも・・・・・・

全ての子ども達に使ってもらいたいと始めた仕事ですが、
・・・・・、正直、声が聞けている、使ってくれている子ども達もトップクラスで
上手いです。 

dim.dim.が役に立ててそうなのか、
最初から上手な方なのか、上手な方だから使えているのか・・・・・・・・・
ユーザーレベルの書き換えが必要かもしれません。
それくらい、「上手な人が使っているdim.dim.」でした。

こうした事、やっぱりお店に立って、人と接して分かることですね。
接客の大切さ痛感しました。 
体験させて下さった楽器販売店さん、ありがとうございます。
ここ最近のこと。
そう言えば、このブログを毎日書いていた時期があった。
書かなくなった理由は忙しさでは無かった。
何となく開発に秘密が出来てきたら書けなくなってきた。

しかしだ・・・・考えてみれば個人事業、巻き込む社員も居ないしな、

やっぱ書いておこう。

まず、展示会のことから・・・・・・
「学校施設・サービス展」という展示会に出展しました。
ちょっと枚挙にいとまが無いくらいの悪条件とトラブルで、
個人事業にとっては、過大な費用負担だったので凹みました。

それでも少数ですが、良いお話ができた方もいたので、
やはり、出展の意味はありました。
トラブルはたまたまツイていなかっただけ、人生の中では
これくらいの事で済んで良かったと思った方が良いのでしょう。

その少ないところからでも、大切に育てれば芽の出る事だってあるし、
上手く育てられなかったら、すべて私の責任で、誰のせいでも無い。
一つも無駄にしてはいけない種が手元にあるだけですよね。
文句言うのは格好悪い。

今、展示会でお約束した新dim.dim.の実現に全力です。
大抵の事は文句言ってる暇があったら「何かする」それしか無い。
形にするのは、結果出すのとは違うので、手を付けやすくてお勧めです。
そして、目に見える物は達成感もあって、自分を元気にしてくれます。

で、ここからが私に欠けているところ。 
数字の実現。(苦笑)みんなそう、だから潰れる。
運をつかむ為の努力が、まだまだ足りていないという事なんでしょうね。

楽なんて、まだまだ先。
会社案内作っています。
展示会にむけて、会社案内作っています。

個人事業主が作っても良いのでしょうか・・・・
そもそも「会社」とか言ってはまずいでしょう。
詐欺行為に当たらないのかしら・・・・・・・
資本金は書く必要が無いそうです。(書くとしたら、元入金?)
 
誤解も無いようにしたいので、
等身大のものを目指していますが、等身大の良い見せ方
とは何かとか・・・・も悩む訳です。

「事業主の言葉」とか写真つきで入れたりするのでしょうか?
若くて綺麗である必要は無いはずですが、
撮影場所は何処にしたらいいのかな。

それと企業理念、サービス、製造製品、沿革、
メインバンク、取引先、あれば社会的活動、当たり前に住所
電話番号、メールアドレス、ホームページ・・・・・・・・・・
相手の許可も要りますよね。

ちゃんとした会社なら、悩まずに原稿作れて、
印刷会社にデザインごと投げられそうですが、
こんな感じの経営だと、いろいろ定義づけが面倒です。

ちょっと、この時点で一度悩んでおきましょう。
どうせ、ずっとは避けて通れないし。
たたき台がそのまま入稿になりそうなスケジュールです。

はい、悩まずに分かっている事がら手を動かしましょう。
空欄は後で埋めよう!
ここ最近の状態
現在、ホームページのリニューアル、中期決算、
在庫管理のシステム化・・・・・実行委員長しています。
常に勝手にそう宣言しています。 個人は自由です。

新ホームページKOTORI楽器をご覧下さいましたでしょうか。
やっと反映され、後は、暇があれば手を加えていく感じです。

昨年末の決算が、在庫の棚卸などで想像以上に大変だったので、
中期の決算を今年はすることにしました。 
提出云々はありません、あくまで自主的なものです。
今回、部品にも品番を付けて本格的に在庫管理システムを
作ろうとも考えていて・・・・・それだけで大変そう。
でも、この件は助っ人あり。(休日のみ手伝ってくれます。)

そこへ、通らないと思っていた「市場開拓の助成事業」にも、
採択して頂いた事が重なって、更に忙しい状態です。

開発関係も相変わらず色々と・・・・それを今回は展示会で
ちょっと見て頂けるようにしようかしら・・・・・と考えてました。、
そうなると、開発も片手間ではなくなります。
目標となる完成度が必要ですから、少し本格的に動く事になります。
そして、ここにも助っ人チームが別にあります。(サービスで
動いてくれてるような気がしてなりません。ウチの事を肴にして
大きくなって欲しい会社です。)

この他に「スポンジだけの販売」、「キットの部品おすそ分け企画」
「子育て応援とうきょうパスポート」で特典企画の運指表のデザイン
他にもいくつかの内緒のお楽しみ企画・・・・・

でも全部お金と相談しながらです。資金調達係と、予算委員長は
常に兼務しています。
これを社員に頼んだら、ウチはブラック企業です。
私一人が黙っていれば大丈夫、どうにかなっているわけです。

何故、こんなことを言っているかというと、
世間は「働き方改革実行計画」なるものを今年になって
始めたからです。 とても良いことなのです。

きっかけとなった事はあったとして、急にです。
「健康事業」然り、そういう風潮です。
ブームですね。一つの。
「うちもやってます。」って言ったら、ほう、新しいことしている
会社と思ってもらえるかもしれませんが。

そんなことしていて新しいものが個人事業で作れるのか・・・・・
それこそ挑戦?になりかねない取り組みです。
家族には早く寝ろとか、食べろとか言われているからそうするか
レベルになりますが、うちみたいな仕事でも、潰れれば迷惑を
かけるわけで、勇気が要ります。

でも、流行りでしょ、多分。 
この上、働き方改革実行計画実行委員長はちょっと、大変。
・・・・・・・・・ 胸にバッチを作って貼るくらいかな。 
来年の計画に入れようとしたら、仕組み作りで更に年内忙しく
なってしまいそうで・・・・・・・

信頼を得る
「信頼を得る」為に人は何をすれば良いんでしょうか・・・・・
いきなりなテーマですが、ググったりせずに
今の自分の思いつくところで考えてみようと思います。

約束を守る
秘密を守る
時間(期限・納期)を守る
期待される完成度をクリアする
嘘をつかない
トラブルが起きても誠実に逃げずに対応する。
つまり、責任転嫁しない
まだまだ、ありそうですが私は2分でこれくらいです。

この中で最も大切な一つを選ぶとしたら、
「嘘をつかない」ということではないでしょうか。
では、人は何故嘘をつくのでしょうか・・・・
それは何かを守るためにしてしまう場合が多いのでは?
大切なものかもしれませんし、虚栄心とかだったりもしますね。

「信頼を得る」ということは、嘘をつかないためにはどうしたら
良いかを考えればいいのかもしれません。
例えば、見栄を張るようなカッコいい事を言わない。
ありのままを伝える努力をする。

ただ「秘密を守る」については、ありのまま答えて良い筈は
ありませんから、「言えません」と言うか、黙っておく・・・・
最近、この「言えません」っていうの使ったなぁ。
もっと上手く切り抜けられたらいいのに・・・・
嘘をつかないスマートな方法の研究がもっと必要だなぁ・・・
平素考えておかないと・・・すぐに出てきません。

信頼を得るのは本当に当たり前で難しいのです。

他の人はどうしているんでしょうか?
挑戦しているという実感
あけましておめでとうございます。

私の仕事はひとくくりにすると製造業に分類され、
生活用品その他を生産するというのを生業としている兼業主婦です。
つまり、何が言いたいかと申しますと、それだけでは
充分な収入とはなっていません。
夫の収入があるから続けて来られている事業です。

それでも、広く社会の中で考えれば、ご購入して頂いた方には、
リコーダー練習の時間と場所を提供し、販売をして下さっている
楽器店さんの商材となり、製造に関わって下さっている会社の方の
幾らかの利益となるモノを開発しております。

以上のこうした内容が、より世の中で価値を見出していただけて、
より多くの方に喜んでいただけると,事業として成り立っていくのです。 
当たり前ですが、すべて事業とはそういうものではないでしょうか。
ですから、事業スタート時にいきなり見出してもらえるかも疑問ですし、
皆さん、躊躇なさるのでしょう。

私の事業もまだまだ未熟ですが、起業してみて思ったことです。
「挑戦している」という実感があります。 

マザー・テレサの言葉です。
「持っている一番いいものを分け与えても、
決して十分ではないでしょう。
それでも一番いいものを分け与えなさい。」

癒しツアー」さんに
全文の訳がありましたので、よろしければ宗教宗派関係なく、
読んで頂けたら幸いです。

起業して4回目の新年です。
お力添えと励ましをいただいた全ての方に感謝し、
今年も、挑戦し続けることをお約束致します。




ホームページに書き続けるべきかしら
ホームページにそのまま載せているこのブログですが、
きっかけとなったのは、自分の経験から特許を
自分で出願できることを伝えたかったのが、始まりでした。
そして、女性の働き方として、家族を大切にしながら
本当にしたい事を実現できないものかという、
実験でもありました。
(何か偉そう・・・、結局、全部大切だなんて勝手な女だな・・・)

特許を取れば何かが変わると思いました。
当初は自分で作ることになるとは思ってもいなくて、
誰かが利用してくれたらいいなと考えていました。

ところが、誰にも使ってもらえそうになくて、
大きなものでも無かったから、身近な材料で作って売ってみて、
そして、案の定、色々苦労することになって、
人に頼む費用ももったいなくて、あれこれ自分ひとりで
やってきた。と言う物語です。

現在も、次々に起こる問題に悩みながら、何となく(迷って、迷って
止まれなくて)ここまで来ています。

ところが、一応個人事業ですが、事業として動いていて、
量産し、それを楽器屋さんに卸すという大それたところに至り、
このまま(ブログを)続けていいものかと思うのです。
ホームページを見にいらした方が、このブログに違和感を感じ
ないのか気になりだしました。

dim.dim.を買って下さるお客さまにとっては、要らない情報ですよね。

あ!そうだタイトルに書いておけば良いかもしれない・・・
「働き方に迷っている人の為の・・・・(駄目だ、自分が一番迷ってる)」とか
「特許を取って(売れなくて)、どうしようかと思っている人へ・・・・」とか
うん、そうしよう・・・・それにしてもこういう事が、
自問自答で決まる・・・・・・個人事業は、自由で孤独。
専門家であるということ
あるコンペに応募することになって、かつて自分で書いた特許を
読み直しています。 当時はそれなりに色々勉強して苦労した筈で
それこそ、一語一句に悩みました。

その時点では、「もうこれ以上考えたってしょうがないな」という
勢いみたいなもので、特許庁に出しに行きました。
いや、正直に言えば、年末の大掃除やおせちの準備もあったので、
歳を超したくなかったというのが、ありました。

でも、何かを区切りにしないと、何時までも抱え込んでしまうものです。
で、この後、拒絶理由が届いて、大いに慌てることになるのですが、
もう10日歳を超して悩んでも一緒だったでしょう。

当時のそんなことも、コンペの用紙の記入欄に出願日など書きながら
思い出したりしていました。  意外と苦労もですが、どんな風に
書いていたのか忘れているものです。

何処に視点を置いて開発したものなのかとか、
どんな事を解決し、今後どんな風にこの発明が活用
されるだろうことも書いていました。 ほう、書いてたのか・・・

dim.dim.を500個以上皆さんに使って頂いて、色んなお叱りや
お褒めの言葉を頂いて、ここまで来ました。
今のところですが、リコーダーの音量の調整器で、ここまで考えら
れたものは無いと、生意気ですが思っています。

ずっとこうして一つの事に関わってくると、
新しい発見は必然的に起こります。
それ自体は素晴らしい事です。

ところが、歓迎出来たり、出来なかったり・・・・。
自分の権利を侵してしまう領域に差し掛かる事も、
今までの努力を台無しにしてしまうのもありました。
でも、進まなくちゃいけない。

私は学者でも無いので、こうなるであろうという仮説が
根底から覆っても、別にプライドは傷つかないので、
さて、ではどうすれば良いかな?
・・・と次の解決を考えれば良いのです。

その解決が浮かばないときが苦しい・・・・本当に。
でも、それは専門であるという看板を上げてしまった限り、
その苦しみは永遠であると覚悟するべきなのでしょう。

最近、この他の人の悩みを引き受けて苦しんだ分だけ、
私の専門とするところの知識を深められるのだろうと
思っています。

それは、どんな仕事でも一緒ですよ。
みんな、何かの専門家なのだと思うのです。 あなたも。
だから、今の時点でのベストを、必要な人に提供出来るのです。
胸を張りましょう!  
100回転んでも、101回「やってみるか」があれば良い。
辞めたいと思ったことは一度ならずありますよ、
私は別に、強い人間ではありませんしね。
事が在れば、普通にとても落ち込みます。
ともすれば、落ち込むポイント数が人よりも多いかも
しれないくらいです。

でも、簡単なことです。100回転んでも101回、
「よし、やってみるか!」があれば良いだけです。
難しくない・・・・・・・・・・はず。 

余計な事を考えず、じゃ、止めない為に
次は何をしようかなって考えること。 どうにかなる!
 
世の中、やたら「テンション」とか「ポジティブ」を求められて、
どうなんだろうそれ? 

私は理由とか、目的が決まらないと無理だけど、
極めれば、ワクワクが最初に来て、いい考えが出るって
事なのかな? なら、それも必要かしら・・・・

仕事となると楽しい事ばかりでは無くなってきますが、
それでも、続ける努力は大切です。
何かしてれば、何かが起きるのは当たり前なんですよ。
それにも増して湧いてくるような好奇心や楽しさが
あれば、天職かなと思います。

やめたいとか、もうだめだって時、探せばあるもんですよ。
「よし、やってみるか!」
今日も、探そうっと。
ピンチに備える・・・・計画書の1ページ目に書く事
仕事や人生、何時も上手くいくなんていう事は無くて、
ピンチを迎える場面が出てきたりします。
そんな時、どんな風でいたいかな・・・・・・・と考えてみました。

本当にそんな場面が来たら、多分考える暇も無くて、
自分らしく振舞える自信がありません。
でも、それは勿体ない事だと思うのです。

上手くいっている時というのは、大抵余裕があって、
それが更に事態を好転してくれたりして、良い決断に繋がりそうです。
そう思いませんか?

ところが、上手く行っていない時というのは、
やっぱり、焦っていてどうしたら良いか以前の、状況の把握だって
怪しくなってしまっているのです。
だから、打つ手も的外れだったり・・・

初心を忘れずにいて、初めの志しを曲げずにいたいものです。
何しろ今までがんばってこれた原動力ですからね。
でも、それは簡単では無いような気がします。
人間は忘れっぽいし、感情で動く動物だからです。
私についても。例外無くそうだと思います。

何が勿体ないかというと、試練も人生の一部だからです。
「人生は野菜スープ」そう、そんなことを10ccも
歌っていましたよね。 
総てを味わってこその人生です。
悪い状況を楽しみましょう。

今、次の事業展開の為のスケジュール表を作っているところです。
上手く行かなくなったら、こんな風に捉えてみようと思います。
[面白そうなことになってきたぞ・・・・・・」くらいの気持ちは、どうでしょうか?
計画書の1ページ目に書いておこうと思います。
3割できたら、スタート
こんなに長くブログのお休みを頂いた事はなかったのでは?
もしかして、とうとう挫折したのでは・・・・・と思っている方がいるかも。

正直、忙し過ぎて不安です。
忙しいのは当然なのですが、問題は「正しく忙しい」かです。
つまり、「選んでいるものに対して忙しい」かです・
ここで、つまらない事に忙しくなっていてはいけないと思うのです。
本当に忙しいんですから・・・・。

製造、販売、広告、銀行折衝、資金繰り、契約、特許、
総て同時進行ですからね。
でも、誰かに言われたことがあります。
完璧でなくて良いのです。
私は3割あればスタートした方が良いと思います。
1割ではお粗末ですし、6割作りこんでいたら、
失敗したときに戻れないと思うからです。
そう、3割でスタートしています。

でも、商品だけは6~7割の自信があります。
本当に大切なものには10割目指したいところですが、
製造のラインに載せてないで言いすぎですよね・・・・・
出来上がって、弊社で検品をしてからでしょうか。

前回のタイプを使った方が、今回のモデルをお使いになったら、
ちょっと驚くと思います。 すぐに解かるくらいの改良です。
今まで越えられなかった問題を解決出来たのです。
現在、この改良で、さらに特許をしたいと思っています。

今回の改良のプロセスは、数か月のスピードでした。
私がこの忙しさを乗り切ろうと頑張れるパワーの源です。
多分、誰よりも完成品が見たいのは私なのですから、
辞めるはずがありません

無料レンタルのご案内を送る学校を、只今、選択[しております。
学校、クラス単位でご利用いただけます。
ウチの学校で使ってみたいという方、
弊社ホームページ「メールを送る」より
「学校名、郵便番号、住所」をご記入の上、送信してください。
優先的に無料でレンタル致します。

ご存知の通り、弊社は小さな会社です。
レンタル数には限りがございますので、是非、試してみたいという方、お早目にどうぞ!
レンタル開始は9月上旬を予定しております。
まだ仕事では無い。
今日もあと一時間足らずですが・・・・・・・・ホームページは見られません。
実はこのブログの更新を伝えるツイッター中でのアドレスも、
表示されなくなっていて、原因を突き止めなければなりませんが
そのままです。

そのうちに・・・・・・気にはなっていますが「今じゃない!」
では「今でしょ!」が現在3つあるとして、
本当の急ぎは「どれでしょ?」・・・・・・・・・どれも急ぎのような
気がしてきます。

そんな訳で、今日もうっかり仕事をしてしまっています。
今週、一番ショックだったのは木曜日なのに、水曜日だと
思って過ごしていたことでしょうか?
徹夜続きで今日が何日かわからなくなっていました。
そんな一週間でした。

次の週がそうならないために、休日に帳尻を合わせよう
とするのが毎週なので、休めない悪循環が続いています。
でも、できなかった時にもっとがっかりする自分が嫌で
しているだけなんですよね。

誰にも頼まれていないのですから、只々自分のため、
製造業なのに納期が今のところありませんから。

そう、「納期」をつくる事が、この先の仕事なんですよね。
むしろ、世の中ではそっちのほうがより大変だと言われています。
心しておかなければいけないのは、誰かの役に立つまでは
これは「仕事」ではないということだと思うのです。







分岐点
起業した人はみんなこんな気持ちになるのかもしれません。
だから、書いておきたいと思います。
どんな未来が待っているにしろ、この通過点はきっと誰にでも
あることです。

別に「起業」でなくても・・・・・・「結婚」も似ています?
止めるなら今!

それと同時に「始めたらやめるな!」って共通点もあり、
ちょっと面白い関係だと思いました。

それなりに覚悟は要ります。

結婚もある意味勢いで、起業もある程度のスピード感が必要です。

恋愛も挑戦も
出来るだけ短い助走でジャンプ出来ると何度もジャンプ出来て
それだけ成功の確率が高くなります。

でも、傷つかないタイミングもあって、止めるならです。
それでも一度の人生です。
起業しましょう。
これだけ可能性を考えたのです。
そして、同じくらい失敗の原因を予想し排除したのです。
始めましょう。

成功するまで止めなければ良いだけです。
その覚悟、ありますか?

続ける仕組みを考えよう。
ちょっと、あまりに忙しくて、
涼しい今日の午前中に睡眠をとりました。

大体、毎日4時間採っていますから、
2時間も寝たりすると体が勘違いをして、
おかしくなるのです。
そんな私が3時間も寝てしまいました。

でも、ここまで寝ると、丸一日分採った事のように
錯覚していて妙な気分です。

長く続けるために、絶対に2時以降は仕事をしないと
宣言します。CADを送信出来たら・・・・・

もう一度スケジュールを立て直して、
効率良く、生産、販売するという当たりまえの努力を
やはりするべきです。
電話も繋がっていません。
誠にご迷惑をおかけしております。
最近、弊社の重要なコミュニケーション・ツールとなっている
ブログからのお知らせです。

昨日より、電話線の変更の工事に伴い、電話が通じておりません。
他に、パソコン、メール等も完全には機能しておりません。
本日中に復旧できるようにいたしますので、
ご不便おかけいたしますが、もうしばらくお待ち下さいませ。

計画通りに進めるには
日曜日から月曜日にかけて貫徹してしまいました。
週のはじめから、いいスタートとは言えませんが、
気分的には仕事が片付けば良いし、まだ社員がいるわけでは
無いので、こんな自由もできます。

今週も忙しくなりそうです。
そろそろ、ホームページにも取り掛かります。


こんな時に・・・・・・
昨日がこんな日でした。
大切なプレゼンがあるので一回くらいは
通し稽古をしたいと思っていたところに、
かつてプロポーズしていた会社からの電話です。

「えっ今?今でしょ。」
そんなに銚子は良く無いですね。

「えっ、今ですか? 何故に今!」
でも、絶対に言えませんでした。
「後でもいいですか?」

そんな訳で、時間が許す限り商談です。
そんなわけで、ギリギリの入室でした。

もう、すべてはぶっつけに近い状態です。
潔く今ある力だけで戦いました。

これで通れば実力ですよね。
そう思えます。
だめなら、また挑戦するだけです。

そういつも通り、ダメならもう一回。
水の流れのように滞らず、動きます。
続ける事ですよね、細々とでも。
最初のカンは案外正確だと思うんです。
スイッチの場所を知る
体調がすぐれぬまま、今日重要なプレゼンがありました。
プレゼンテーションの為の事前プレゼンテーションなのですが、
最初に「これは緊張してるな」と自分でも思いました。
そこで、えらい方たちに逆に質問をしてみました。
ちょっと驚いた様子を見て「勝った」
と思ったら、緊張が解けました。

そこからは一気に弾丸トークで切り抜けることができました。
場に負けていたのです。気付けるスイッチの場所が判りました。

この体調でもどうにかなったのですから、
自信が付きましたよ。
自分のコンディションや都合とは関係なく、事は進むのです。
多分ちゃんと出来てなくても。
だったら自分を見失ってはいけません。
ストレスは瞬発力
世間では「ストレスは良く無い」と言われます。
私はあまりそうだと思っていません。

ストレスが無いなんていう世の中は、
この先も恐らく来ないでしょう。

そもそもストレスという現象は
目の前に、突然敵が現れてドキドキします。
それは、腹ペコのライオンと出会った
インパラ状態です。

心拍数が上がり、体の隅々に血液が行き渡ります。
心臓の場所が相手にも見えるくらいの
激しい鼓動です。・・・・・何のために?

瞬時の危機からでも脱出できるように
体が準備するのです。そして、脳もです。
このありがたい仕組みを
嫌がったり、恐れたり・・・・・・・・。

気を付けなければいけないのは、
恐れて判断力を失くすことです。
正しい判断に集中しましょうよ。
大丈夫、ストレスはあなたを確実に進化させています。

プレゼンテーション2
ちょっと一日では書ききれなかったので
昨日の続きです。
 
昨日はスティーブ・ジョブズのプレゼンテーションが
どうして人の心を掴むのかでした。

別に、彼のプレゼンが凄くなくても良いのかもしれなくて、
ほかならぬ彼自身の人間力だという技術とは関係ない
まとめでした。

今日は別な切り口にします。

ではどんなプレゼンが一番まずいのか・・・・
キーワードは「眠くなる」です。

1.書いてあるものをずっと読むだけ
2.メリハリが無い
3.イラストがありものばかり、
4.話し方が既に眠い。
5.反応できない話ばかり一方的に聞かされる。
6.他の人に話したくなるような新しい情報が無い
7.ヒーローが出てこない。
8.隣の席の人が寝ている。
など・・・・・

最近、個人的に眠くなった理由ですが、
皆さんはどうでしょう?




プレゼンテーション
プレゼンテーションをすることになって、
Youtubeで検索したら、生前のスティーブ・ジョブズの
新製品発表のものなどが多数立ち上がってきました。

人を引き付けるプレゼンテーションは、
観ているこちらに、思わず「イエス」と言わせる
選択への誘導と、みんなが欲しいのはこれしかないと思わせる
説得力と高圧的に感じさせないユーモアではないでしょうか。


そして彼が人を魅了するのは、
人生が成功だけではない所も含めてだと思います。

大学を卒業していないし、経営者なら誰でもが崇拝する
MBAを持っていないし、自分の作った会社から
突然、退かされたことなどです。
そして、もれなくどの状況からもカンバックしたことです。
「最後に勝つ」は正義の証で、ヒーローの条件ですからね。

そう、審査員に「この人しかいない」と納得してもらう事です。





産む覚悟
沖の波のように、盛り上がったり落ちて行ったり
私の期待と不安は複雑な動きで、
自分をどうつなぎ留めたら良いのか判らなくなります。

何か新しい事を始める時の気持ちは
誰でもこんなものなのでしょう。
海図は持っています。
天気予報も確かめました。
でも、絶対に同じことは起きません。

だから、面白いのです。
こうなれば、楽しみましょう。
再び子供を身ごもったような気持ちで・・・・・
 
身ごもったのですから、産むのです。
他の選択はありません。
時間が欲しい!「時間」を下さい。
他に不平等はあっても、時間だけはある意味において
平等だと思っていました。
しかし、最近それも怪しいと思いました。
 
効率の良い時間の使い方とか、
いっそ、寝ずに片づけてしまうのか・・・・・
選択はいくつかありますが、
「買う」というのが一番効率が良さそうです。

「時間を出来るだけ安く買う」その事自体が
一番効率の良くて、それをサービスにすることは
やはりそれに気づいた誰かが、もっとも
気前よくお金を払ってくれそうです。

「生活を変えるものでなければ、流行らない!」
って言い続けていますが、気づかずに
実はみんな物ではなくて、時間を買っているかも
しれませんよ。
「忙しい」の解決
あ、いきなりですが
今日は歯医者の予約時間を間違えました。
もう少し、早く診察券に書いてある時間を
確かめれば良かったのです。
なぜ、カレンダーに12時半と書いてしまったのか・・・・・

兎に角、連休明けに予約を取り直していただきました。
先生も大変です、私みたいなのが沢山いたら。
しかし、忙しいのは私だけではありません。
実は私が勝手に「忙しい」錯覚している可能性もあります。
絶対評価ではありませんから・・・・・・・・。

忙しいという字は「心」が「亡くなる」と書きます。
つい、忙殺されて思いがけない失敗をしたりもします。
忙しくて良い事はあまり起きません。
だから、[忙しい」に無抵抗に流されるのも良くないです。
何か対抗策が必要です。

私の昔の上司A氏が凄いんです。
どう見ても絶対に忙しい・・・・・・・
それでも何か質問されたりして、嫌な顔されたことが無いんです。
本当にこんな人見た事がありませんでした。

でも、絶対に無理な状況もあるので、そうした場合
「ごめんなさい、今のこれ後15分で終わると思うから
そしたら教えるね」と明確に予定を宣言して下さいます。
さわやかに、にこやかに・・・・・・
 
言われた人も15分で出来る仕事をして待てる訳です。
このA氏、自分の上司に対しても平等に断ります。
本当に忙しいので周りも、このA氏の宣言には逆らいません。

本当にスゴイのはそこからです。
質問した本人が忙しくなってしまって忘れていたり、
聞きに行けなかったりしても、絶対に聞きに来てくれるのです。

大抵の場合、放っておくと思います。
良い意味でも「あ、自分で分かったのかな」とか
「他の誰かにでも聞いて解決したかな・・・」とかありますからね。

本当に解からなければ、もう一度聞きに来るだろう・・・もね

質問した本人さえ自分で間違いに気が付いたりとか、
何とか自分で考えて解決でしたりとかね。

でも、必ず確認してくれます。そして、解決を褒めてくれたり、
一緒に考えてくれたり、もちろん解決策を教えてくれたり、
失敗を改めてくれたり・・・・・フォローです。
だから、失敗も本人だけに押し付けない方でした。

Mr.ディズニーランドなんですよ。
忙しくても、出来るんですよ。
即答「ムリ!」ってしていませんか?

あ・・・・・・今朝娘に言ったかも・・・・・・・。
ライバル
個人事業の良いところは、自由度ですが
自由は一歩間違えると、大変なことになります。
人間とは元々怠け者なのですから
うっかりしていると、大した事を一日していなかった
なんて事が、簡単に起きます。

そうならないためには、「目的意識」を持ち続けるとか
良い意味での「ライバル意識」とか・・・・・
常にどっか、心の片隅に持っています。

一昨日行ってきたビッグサイトの展示会に
「ヤマハファインテック」も出展していました。
ヤマハだって、バイクや楽器だけじゃないんですよね。
確実に蓄積している技術があります。

今日、ある方の作品の完成を聞きました。
う~ん、今夜は徹夜してでもどうにかしようと
決心するのでした。
根気だけ
多分、根気はある方です。
昔、バイトの面接で
「すごく根気のいる仕事だと思うんだけど、そういうの大丈夫?」
と聞かれて、
「編みかけたセーターで、未完のものはありません。」
と答えたら採用されました。
 
今、人よりもちょっと理解力があるとかは関係なさそうです。
兎に角、判らないことを根気よく調べて試してみるというのが
仕事です。

制約をデザインに変える
仕事がちょっと限界を感じたので、
雨が降り出す前に図書館へ本を取りに行きました。

図書館には最新の情報は無いと思っています。
大抵、興味のある新刊は予約で既にイッパイです。
順番を待っている間に新刊とは言い難くなっています。

だから、使い分けて利用しています。
むかし読もうと思っていて読みそびれていた物を
探しに行くとか、もう本屋さんで見かけないほど
古い物を探しに行くには価値があります。

そして、道中も散歩コースとしては恵まれています。
ここ、ポイントです。
気分転換って沢山の時間が必要ではありませんよね。
予約本だけを取りに行くつもりでしたが、
なんか、探してみたくなりました。

そして、全く今と関係ないジャンルの本を一冊借りました。
「建築」に関する本です。
とても日常見かける家とは明らかに違う
斬新なデザインの家ばかりがありました。
そして、そのコンセプトの数行が今の袋小路に
ヒントをくれたのです。

「制約をデザインに変える」です。
すてきでしょ!
「制約があるほどデザインが生まれる」
と私はうけとめました。

今の仕事への制約が、実は恵まれた会社には真似できない
ノウハウになっているのは事実です。
それゆえ全部を完璧にこなすのは無理なのも現実です。
狭くて深くてで良い訳です。
私はうっかりCADのプロを目指していました。
止めましょう、製図が描けるギリギリの技術で良いのです。

ホームページ、ビジネスプランに早く着手しましょう。
そして、完成図の幹と根を太くして、枝葉は減らしましょう。
しっかりした基本があれば、増やせますからね。
全体に見直しをして気分が楽になったら、仕事も自然早いのです。
めでたし!





独占しないノウハウの蓄積
どんな仕事も簡単ではないと思うのです。
私の選んだ製造業が特別だとは思いません。
でも、もしかして、今のこの苦労は将来
きっと、同じように何かを作りたいと思った人達の
助けになれると思うのでした。

一つ別な活動として、起業をサポートするこの
ノウハウの蓄積をしておくのは自社のみならず
他社のためにもなりそうです。

日本のこれからの製造業を育てて行くのも
農産物同様、今後の課題になるのでしょうね。
時代の流れに合っていない製造業に危機を感じます。
余裕なんて要らない
「余裕を持ってやりなさい。」
「急いては事を仕損じる。」
同じようなことを言っているように思います。

夏休みの宿題について言えば、
宿題を渡されたと同時に着手するタイプでした。

何が嫌って、せっかくの休みにどのくらい掛かるのか
分からない宿題が残っているのが嫌だったからでしょう。
「そろそろ始めないと間に合わないかな・・・・・・」
なんて想像するだけで、勿体ない気がしたのです。

宿題が終わっていれば残りは楽しい事だけだということになります。

夏休みー宿題=楽しいこと・・・・・・の公式です。

大人になると公式はシンプルではなくなります。
あの頃が懐かしい・・・・・・・・・・

最近は、ルールが変わって、
「この仕事に前回は18分掛かっていたけど、今16分切ってる」
そこに達成感を感じている私です。

追いつめられると人間は早くなります。
その上、いざとなると諦めていい仕事を選択します。

そう、捨てることを覚えるのです。
捨てても良い事をしていたのです。
すごい気づきです。

今日も笑顔で



一行一時間
昨日は「考え抜いた」のです。
PCT出願を止める決意をした時以来でしょうか?
考えましたよ。

全文キャッチコピーみたいな
エグゼクティブサマリーを書くためには
整合性のある緻密な裏づけが必要になりました。

書いて書いて書きまくって上澄みをすくうのです。
手間隙かかりそうですが、実はその方が私には向いていました。
こうしておくと、質問されても直ぐに答えが出てきそうです。

そして、もっと沢山準備しないとダメなのです。