特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
ついに弁理士さん登場!
事業報告書の中で、海外も市場に入れていたので、
中国韓国への
特許出願商標登録の費用などを伺おうと
東京都中小企業振興公社の知財に電話をしました。

金額が決まっていないので、
直接、弁理士に聞いて欲しいとの回答でした。

PTCまでは自分で頑張るにしても、
いよいよここからはパイロットが必要なようです。

そろそろ誰かに何かを頼まないといけない
と思っていました。
最初は弁理士さんになりそうですね。
助成金
私個人の国内の特許については、
最大限のメリットを利用出来ていたと思います。
やはり、特許というのは道楽に分類されても仕方無いほど、金食い虫です。
総て制度を使わずに、弁理士にお願いすると120万円ほど掛かるそうです。

因みに私の場合、出願から査定料までで(電子化手数料込み)約4万2千円掛かりました。
                          基、約4万2千円で済みました。

小泉内閣以来、日本は慌てて「知財」に目を向け始めました。
 
会社内で「特許部」は「知財部」と呼ばれるようになり始め、
企業戦略の一つになりました。

そして、最近アップル社がサムスンを特許侵害で訴えたり、
日本は昨年中で8千億円ほど中国の知財への侵害行為で損をしたようです。
今や、国力を脅かさんばかりの凄いで、知財でせめぎ合いを繰広げています。

で、国際特許ですが、更に国内特許より手続きが煩雑になってきます。

本日、助成金の説明会があって参加しましたが、凄かったです。
満席だし、質疑応答が時間内に納まらないほど皆さん熱心で圧倒されました。
 
まだ、法人化していない私は資格から漏れるのですが、聞いておいて良かったです。
いきなりは無理ですね。

でも、PCTは出します。
そして、多分、来年の今頃には挑戦していると思います。

海外市場の確保は今の日本で必須です。

PCTの料金改正
PCTの手続きの確認の為に、特許庁に電話をしました。
「初めてなので教えて下さい。自分で出願したいのですが、
どのページから見たら良いですか?

とても図々しい質問だと思います。

しかし、自分で特許を取った時に感じました。
なんだ、聞けば良かったんだと。
出願の書類だけで、今回は13ページもありました。 
行き当たりばったりで辿り着くには、時間が足りません。

そして、新情報。
平成24年10月1日から料金が改正されて、
全体的に安くなります。
htm国際出願関係手数料

なんという後押し、これは「取るべき」というお告げですね。

でも、日本で出願、審査した書類のままでは出せないそうです。

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス