特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
事業資金の作り方
モノを作ることを仕事にすると、資金繰りに工夫が必要です。
まあ、どんな仕事でもそうであるとは思いますが、
買った材料が直ぐに物になって、どこかへ行ってくれるわけではありません。
購入費は売れるまで在庫だし、その在庫を置いておく倉庫代もバカになりません。
作るものによっては設備投資が必要だったりと、何かと物入りです。

私のような専業主婦からのスタートだと、始めの事業資金が相当ハードルになります。
客観的にみて、この人に本当に作れるのかだって怪しいのです。
それに作ろうとしているものが、ましてや今まで世の中に無かったものであれば
更に怪しいと思われても仕方ありません。
今まで無かったのは、必要じゃなかったからじゃないの?と質問されたりします。
こんなことで回収が難しいと判断されれば、融資は見送られます。
そうならない為の材料集めが必要ですが、特許も、その為の材料一つにすぎません。

そして、何よりもアピールできるのは、他でもないキャッシュなのです。
融資のために必要なのは、実はそのために自分でどのくらいキャッシュが用意できたかなのです。

方法は色々あります。
まず、アルバイトをしてコツコツ貯める、とにかく節約して貯める、
ネットで家にあるものを現金にする、親戚からの援助も一つ、
ベンチャーキャピタルにアピールする、 
クラウドファンディングしてみる、助成金を受ける、
ビジネスコンペに挑戦する、・・・・・・・・

そうなんです! こんな私にも漸くチャンスが巡ってきました。
東京都の中小企業振興公社より、
育英資金をいただけることが決定しました。 
これは、周囲の方たちのお蔭で、とても幸運だっただけなのですが、
でも、なんてありがたいことでしょう!

私のミッションは、嘗ての私のような人達の
背中を押すことではないでしょうか。
私を見ていて、あの人にもできるなら・・・・・・私も・・・・・・・。
そう思ってもらえるように、更に慎重に頑張らなくてはと思いました。


プレゼン用の「事業j計画書」完成しました。
東京都中小企業振興公社に
[ニューマーケット開拓支援事業」というシステムがあります。
私のように人脈の無い起業家に、
登録している大企業のOBの方たちが
販路開拓にひとはだ脱いで下さるというものです。

しかし、簡単に動いていただける訳ではなく、
まず、「事業可能性評価」という審査があります。
ここ数か月、この審査を通過する為に頑張ってきました。
その、課題である「事業計画書」が完成しました。
これをもとに月末近くにプレゼンテーションをします。
良ければ、この事業に評価をいただけます。

今年、2つのこうしたコンペに挑戦していました。
もう一つは、日本政策金融公庫の主催する、
「第2回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション」です。
こちらの結果は予選落ちでした。

2月末にビジネスプランの提出だったのですが、
このころ、まだ自分の中の軸がぶれていたままでした。
数字に信憑性も無く、未熟なもので、
初めてのパワーポイント使用で活用できていません。
でも、この挑戦で確実に向上しましたよ。

それより、万が一うかっかりと通っていたら、
現実の仕事にならないほど忙しかったと予想されます。
でも、来年はまた挑戦するつもりです。
大人になると誰も叱ってくれません。
こういう機会は自分を客観的に判断できる、いい機会だと思うのです。
慢心に向上は無く、向上が無い人生はつまらないではありませんか。

忙しいと楽しいは案外と近いところにあります。
子育てで、忙しかった頃はそれだけで
楽しかったのだと思います。

事業可能性評価の日取りが決まりました。
中小企業振興公社に通っています。
いよいよ、プレゼンの日取りが決定しました。
「事業可能性評価」という制度があって
それに現在トライ中です。

事業可能性評価という制度は多方面でのサポートを
受けることが出来るパスポートです。

この制度を利用するためには
事業プランのプレゼンテーションが最終関門になります。

事業計画書というのは、
起業してからも書き続けるものだという事を、
他が主催する起業セミナーで聞かされました。
その時は正直、何の為なのかわかりませんでした。
 
書く暇があったら・・・・・・・した方がというタイプなので
走りながら考えればいいのではとか、
というより、考えて動けなくなることが怖かったのです。

でも、最近になって自分は自分が思っているような
タイプではないことを知りました。
積極的に計画をし始めました。

案外、自分の予想が遠からず当たるようになって
事前に立てておいた計画の実証が楽しくなってきたのです。
すると、計画を立ててから走ってみたくなったのです。

で、或る程度こうした「ビジネスプラン」を作るようになって、
それを現実に活用するステージが決まった訳です。
現実の仕事の進行とは別にこうした目標があるのは
正直大変でしたが、おススメします。
絶対に客観的に自分を見てくれる人間は必要です。

助成金説明会
只今、年度替りにむけて、「助成金争奪戦」スタートです。
昨年は特許を取得していなかったし、
実施許諾して、製造まではしないつもりでした。
ましてや起業するとは思っていなかったので、
参加資格は無いので傍観していました。

数日前の女性企業家の為の助成金は1000万円でした。
参加数が昨年と同じくらいだと、およそ1/1000の確立です。

そして、今日の東京都中小企業振興公社の助成金は
研究開発と販路拡大の為の支援です。
それぞれ上限があり、助成対象と認められた経費の1/2以内です。
でも、審査通過の確率は1/1000ではなさそうで、
もう少しチャンスはありそうでした。
新技術の研究開発の上限は1500万円です。

これだけあれば前回のより、難しい特許がとれそうです。
何しろ研究にはお金がかかります。
実験装置が半額で買えるということですよ!
中古で良いと思っていましたが、
私のような実験をする人が少ないので新品しか無さそうです。

助成金もらえるものなら、ありがたいですよね。
あ、でも買ったところで何処に置くのでしょう?・・・・・

ちゃんと審査する方が場所も見に来るそうですよ。
まさか、マンションの一室でITではなくて
物理関係の研究開発・・・・・・失笑を買いそうですね。

スポンサーを探すのと、助成金の申し込みをするのと
どちらが難しいのでしょうか?

起業するって、事業計画書が書けて、資金集めが出来て、
営業もすることです。
その点、特許なんて大したことありません。
だって、なんだかんだ言って、楽しいんですもの。

分かった!まずは事業計画書が楽しくなればいいのですよ。






ビジネス情報誌「アーガス21」届く
今年、起業する事を決めたので、商工会議所とか
都の中小企業振興公社などへの登録などを始めました。
で、機関紙が毎月届くことになりました。

今日、早速届きましたので、この話題にします。

どんなものが届いたかと言いますと・・・・・・

こんな時、写真とかでぱっと見られると分かり易いのですよね。
「こんなの届きました」とかよくありますよね、次回の課題かな。

メインは機関紙の「アーガス21」
広告誌の「ビジネスサポートTOKYO」
「公社の共済」の案内、シニア対象の人材開発プログラムの紹介、
展示会の案内が3件、以上でした。
 
今週は、とにかく仕事の環境を整えようということで、
パソコンを買い換えたり、別室にあったラボを移動して、
動線を短くしたりの環境整備をしていました。

今日で、予定通りに整いました。
何しろ、今まで我が家で一番遅いパソコンを使っていました。
今回のは、我が家では一番早いのになりました。

いよいよ、来週からホームページ作りに着手できます。
届いた機関紙の中にセミナーの紹介があるのですが、
助成金の説明会がありました。
事業計画書も急がなければいけないということです。

新たな環境が整った日に、機関紙の到着はタイムリーでした。
デビュー
昨日のもう一つのイベントは
東京都中小企業振興公社の主催する
「創業フォーラム」への参加でした。
 
「乗り換え便利マップ」で起業した
福井泰代社長の講演と
「公的支援をフル活用!」創業支援事業のご紹介、
そして「創業ショートセミナー」
中小企業診断士、坂本 篤彦氏による研修でした。

東京都中小企業振興公社といえば、
あの「京セラ」の創業もサポートした実績があります。
稲盛和夫氏かぁ元々の器が違いますが、
あやかりたい気持ちもあり、
創業する時は此処に来てみようと思っていました。

有益なお話を聞けて3時間はあっという間でした。

特に最後のセミナーでの言葉が
「創業」にふさわしいメッセージだと感じたので
一つご紹介します。
 
中核製品「core product」というキーワードをご存知でしょうか?

フィリップ・コトラーという
アメリカの経済学者のことばです。
 
P・コトラーの「三層構造モデル」という
原子モデルのような層を持つ円があります。

中核にあるのが中核製品消費者が「本当に買うもの」
すなわち「core product」なのです。

次の層が「実際の製品」であり、
その外側の層は「拡張の製品」
付帯する無形のサービスであり、付加価値なのだというのです。


今まで、考えていた様々なことが、
明確に整理されたような印象を受けました。

「core product」
それはきっと、誰しも気付いている事なのですが、
「物事の中心ではなくて、常に並行して其処にある」
というのが、今までの私の中での印象でした。

そうでは無くて、これはど真ん中なのでした。
私が本当に売るべきもので、会社の存在理由なのです。

これが私のど真ん中に無かったので、
自信がなかったし、売るという行為への照れもあったのだと
気付きました。

だって、それは「使命」なんです。
このミッションを遂行するために商品があるだけなのです。

起業はミッションを決める事にあって、
何を売ろうかではないのです。

人・物・金は本当に必要なのか?
「三歩進んで二歩下がる」中です。
ここ二日間、精力的に情報を集めてきて、
今日は一旦、整理する日にしました。

なら、「二歩進んで一歩下がる」ではないかと言われそうですが、
「三歩進んで二歩下がる」はメンタルな部分です。
マイナスになる事ではありませんが、待てよとはなります。
 
自分の行動力で補える事なら、
「すればいいのか・・・・」となるのですが、
相手があることはそうはいきませんからね。

海外市場視野に入れていたのですが、
どうも、知財無法状態で厳しいようだということ、
所詮、「人・物・金」だと言われたこと・・・・

確か、アメリカにいたときは、
1に場所、2に場所、3に場所って言われました。
なら、「アマゾン」の成功なんてありえない訳ですよ。
日本的には「人・物・金」って言いますよね。
最近はこれに「情報・時間」も成功要素だとか・・・・・

そんな何もかも揃った人が相談に来るわけ無いじゃないですか?

世の成功者と言われる人達が、総て
「人・物・金」に恵まれていたわけではないと思うのです。

娘に話したら・・・・
そんなの作ればいいだけじゃん!って言われました。


因みに人材なんて、今時外注です。
人脈?私の知人はそれに騙されました。

なんか、支援するって言うより、三途の川原の鬼さんだな。
積んだ石を倒される感じ・・・・・
「この石なんてどうです?積みやすそうですよ」って
いうのが支援だと思ってたけど違ったみたいです。

このやり取りに挫けなかった人起業できるゲームらしいです。