特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
3Dプリンター使っている私が思うこと
私は開発で3Dプリンター(積層タイプ)を使用することがありますが、
自分では所有していません。 
プリンターにも種類があります。
https://seizo-net.com/3dprinter/type/
最近は3万円台というリーズナブルなものもあり、
ウチにあっても良いのかなと思ったりもしていて、真剣に物色してました。
でも、どなたに相談しても、メンテナンスの問題があり、
私のようにラボに行ってお借りする方が、ずっと効率が良いと言われて
現在も通ってプリントアウトしています。

そう、ですからメンテナンスのお話しは無ですよ。
そこは、ラボさんにお任せしていますので、あくまで操作性と
プリントアウトした物の良し悪しに限ったお話しです。

ラボに行くと、まずは各メーカーさんごとのマニュアルがあり、
台の高さ調整やマテリアルの設定、などなど、あるわけです。 
私が慣れたのか、性能が上がったのか失敗が少なくなりました。
失敗というのは、台からマテリアルが離れてグチャグチャになる
とかですが、まあ、悲惨です。 
途中まで行程が進んでいてなったと時は「時間返して!」と思います。

この設定が簡単になれば、もっと利用しやすくなるのは
分かっていますが、これをしなくて済むことはありません。 
センサーで割り出したりもしてくれますが、全く任せきりはありません。
あくまで目安で、自分で数字を入力しなければいけないところが
今のところ殆どです。

この点で、Brule【http://www.brule.co.jp/】のUltimaker 3は
使ってみてうなりました。
1.設定が分かりやすくて、少ない。
2.デスクから離れなくてもパソコンでモニター出来る。
3.ラフターが少ない。(後処理が楽)
4.プリンターそのものが美しい外観、動きも未来的で、音も良い。
水溶性のラフターは試していませんが、上のホームページでは
紹介されていました。 これも出来るんですね、凄い。
プリントアウトした物、これが、私の体験の中では秀逸です。

秘密の開発なので写真は上がられませんが、メーカーホームページの
印刷例に偽りありません。 バリ取り少ないし、始めから綺麗です。 
価格はそれなりですが、ストレスの少ない印刷機です。

価格的には、今、そこそこ3D印刷もできて、レーザー彫刻付、
CNC切削できるのが10万切った物も出てきています。
何がしたいかで選択肢が増えたのはとてもいい事ですよね。 

問題は、使えるマテリアルも増えましたが、挑戦メニューになります。
私も現在、木製のフィラメントに泣かされています。
「ウチではできません」と断られた事、しばしばです。
フィラメントは売っているのに、使える機会、器械が無いなんて、
残念ですね。

今回、積層タイプに限った3Dプリンターについてのお話しですが、
販売が出来るくらいの印刷材料と、仕上がりと耐久が揃うと、
加速度的に発展する分野では無いでしょうか。
ウチは試作止まりなので、とってもありがたい道具ですが、
(試作、頼むと高いんです。)
ラボでの人気はレーザーカッターです。
3Dプリンターはまだまだなんですよね。
なんか、応援したくなる。



つ・く・る
このたった3文字が、案外大変な事に気づいたのは最近なのです。
そして、資本が必要であることも思い知らされています。
それでも 本質的なエネルギーを失わなければ形になっていくのです。

モノであふれている世の中で、そのアリガタミが薄れている昨今ではあります。
私も並行して幾つかを作っていて、「大変なモノ」と「簡単なモノ」が
混在していていると感じます。

「大変なモノ」として
 1.雛形が無い
 2.材料に制限がある
 3.予算が少ない
 4.物理的に不可能
   ・
   ・
   ・
「ツイてない」という運まで含めていくらでも浮かびます。
そして、だからこそ楽しく、完成が嬉しいものです。
大変であればあるほど反比例した達成感があり、
中毒になりやすいのですよ、わたしも患者です。

いま、チームというか、ユニットで作ろうとしてます。
コミュニケーション・ツールが無かったらどうなると思いますか?
正に「バビロンの塔」が起きているのです。

中小企業間で共通言語は2次元です。
私は3次元の辞書しか持っていません。
圧倒的な多数が持っている2次元の辞書を買いに行かなければ・・・・
少ない財布の中のコインを数えます。

「つ・く・る」の先にある「で・き・た」への距離は
初めてのコースの場合、うっかり近いと勘違いしやすくて、
案外、遠いと知りました。
大丈夫、「遠いモノなのだ」と覚悟すればいいだけです。
止まらなければ着きますよ。
3Dプリンターとの付き合い方
試作品の原型が出来ました。
自分が描いた図面が、実際にどんな使い勝手に
なるのかをシュミレーションしたいと思って
3Dプリンターを貸してくれるところに、
三日ほど通って、やっと完成しました。

どのメーカーのリコーダーとも違和感なく使用できる事も
確認出来ました。
これを基に、安心して製造を進める事ができます。
無駄な経費を使うより、一見手間がかかりそうですが、
試作費用、日数、共に減った事は確かです。
微妙な調整も図面一つで、どうにでもなりますから、
3Dプリンターはツールとして、とても有効です。

但し、使ってみるとイメージが異なるので、
ポイントだけですが、ご紹介いたします。
メーカーによる特色はあると思うのですが、
至って、簡単なしくみではあるので、
抱える問題点は案外共通ではないかと思います。

「3Dプリンター」というと今まで無かったので、
特別なもののように、感じられるかもしれませんが
材料を溶かして、細い管から積層させて立体を
造るという、シンプルな道具なのです。
それに指示をするのに CAD等の情報が必要だという事です。

指示するデータが完全で、
溶解した材料が、ノズルから一定の量が出て、
データーに忠実にアームが動き
台が正確に上下してくれれば良いわです。

さて、ここからが問題で、
全部が意外といい感じにはならないのです。
材料が一緒でも色が違うと温度は異なります。
ノズルが詰まってしまっている場合もあります。
台に油分が付着していて、材料が動いていしまって
形にならにならいケースもありました。

この機械のメンテナンスができることがスキルとして必要です。
失敗の原因が何処なのかが解かっていて、調整したり、
設定時に、事態に対応した指示を入力することが出来るか
とか、そうした職人的技術が必要なのです。
これにCADなどでデータを作れることが、
総てセットになって、プリントアウトできます。

ひとつ、ひとつは簡単です。
CADも何時かご紹介した「Aoutdesk123D design」
というとても簡単なものもあります。
機械のメンテナンスも、コツが掴めて
原因が解かってくれば、難しくはありません。

ただ、いきなりスイッチを入れれば、
2Dのプリンターのように、プリントアウトすると
思ったら、大間違いというわけです。

3Dプリンターの購入熱は冷めましたが、
3Dプリンターを見ていたら、作れそうな気がしてきて、
ふらふらと秋葉原に行ってしまいそうなのです。
手が届きそうな未来が増えるって楽しいですね。






3Dプリンターを試してみたい
ひところ「ひとりメーカー」が話題になりましたが、
そこで大活躍中なのが、3Dプリンターです。
ちょっとパソコンで絵が描けたりする人なら、
それが簡単に立体になります。


こんな話を聞けばじっとしていられない私です。

試作品の見積もりが想像より高かったので、検討した訳では有りません。
完成度の高い試作品の需要はあります。
しかし、ぞれよりずっと手前のの工程で気軽に利用出来れば、
より、スピーディーで完成度の高い図面を起こすことが出来ます。

出来れば一台欲しいと思っていますが、
仕組み自体はオープンソースになっているので、
現在、各社の競争も激しくて、当然起こるだろう未来を考えると、
購入ではない方法が。今は安全です。

材料費のランニングコストや、一体当たりの製作時間など、
比較するべきところが沢山あります。
自分サイズのものを見つける為にも、
まずはお試しください。

と言うわけで、一つご紹介した場所があります。
MONOです。
東京テレコムセンタービルの東塔14階にあります。
他にレーザーカッターもあります。
予約と身分証明書を忘れずに!
効率的な試作品の製造
今一番急がれるのは、試作品とCADの解決です。
どちらかと言えば得意科目は試作品作りの方なので、
まず、こちらを先に完成させる事にしました。

CADは一つ作れば量産は容易です。
でも、試作品については確実に時間を必要とします。
これについての効率化はある一定の整備が必要ですね。

素材の選択は大きいです。
でも素材を変えるとメーカー探しから始めなければなりません。
ファブレスは、材質を選ばずに開発出来るメリットがあります。
しかし、そう簡単な事ではありません。

新しい素材との出会いがアイデアを生むことにつながる
場合もあり、メーカーさんのそうしたことに関する提案は
ありがたい物です。
でも、それを利用して試作品を作るには、新たな技術が
必要になるのです。常に挑戦だなこれは・・・・
技術ってそんなもんですね。



妥協は無しです。
ステンレスの針金で試作品のパーツを作っています。
よく{ワイヤー・クラフト」とか「ワイヤーアート」と
言われる手芸はアルミニウムを使います。

違いは明確で、ステンレスは堅いのです。

アルト用の大きめな方から作り始めます。
ステンレスは細かい作業には不向きです。
小さなソプラノリコーダーは手か慣れてきてから
の方が、上手くいきます。

握力の無い私には死にそうなほどの肩こり、
頭痛に悩ませられながらの作業です。

兎に角、使用感のチェックをするには
引っ張りに強い、ステンレスを使うしかありません。

3日間、ずっと張り付きで完成させました。
この段階では納得のいくものが出来ました。
どのメーカーのリコーダーとも
きれいにフィットします。感動ですね。

当初の設計では平均的なリコーダーのサイズから
算出して割り出したものでした。
洋服なら、採寸して一般的な余裕をプラスして作った
イージーオーダーといった感じです。
今回は仮縫いの後、更にそれでスポーツをしてもらって
気になるところを直してというところまでしています。

ところがです。もう一つのパーツとの兼ね合いもあり、
フィット感を優先すると犠牲になる部分が無いかも
確かめが必要だと思いました。
これがちょっと予想していなかった結果なのです。
理論上より、私が感覚で調整したものの方が結果が良かったのです。
嬉しいような、間違っているような・・・・・・

もう一つのパーツの材料の選定と組み合わせで
ほぼ無限にありそうな効果の違いがあります。
ジェット気流は手強いです。
他はどうにかしても妥協の出来ない所です。
製造依頼している先にも報告して
少し、待っていただくことにします。
ここまできたら、徹底的にやるしかない、
妥協は無しです。

製造を開始します。
漸く、商品を完成出来る体制が整いそうです。
8月には販売できるようにしたいですね。


販路については同時に模索してきましたが、
特に固執している売り方は有りません。
「より、多くの人に使ってもらえるようにする。」
それだけの事です。

使用した効果は私が一番良く知っています。
今回、プレゼンで実演するために練習しなけれが
ならなくなったのですが、本当に良いです。
深夜に練習できました。家族にさえ聞こえませんでした。

自分の娘達や姪っ子の為に作ったのですから、
思いが違います。「商品」というより「プレゼント」なのです。
彼女達が使いやすくて、安全で・・・・・
家族に気兼ねなく練習デキテ・・・・、可愛くて・・・・・。

そして、これが出来るまでに協力して下さった、
総ての方に多少なりとも報いたいと思っています。

そこで、決断です。

7月に入ったらかなり具体的になった製造をスタートさせます。
8月に販売開始の予定です。9月始めかな?ちゃんと検品しないとな。



みなさんのお蔭
久々に「作る」事がテーマです。
最近、コンペがメインの仕事になっていて、
大好きな「作る」お休みしていました。
好きな事をするためには、そうじゃない事を
真面目にきっちりしないとダメなのです。
 
主要パーツは大きく分けて3つあって、
その一つについて相談に乗って頂いている会社が、
試作品を持ってきて下さいました。

誰にも迷惑をかけずに独走しようと思っていました。
個人事業とはそうしたものだと覚悟していたし、
結構、一人でテンション保って頑張れる方だと
自負していました。

でも、それは私の勝手な思い込みで、実は沢山の方たちの
「何か仕方ないからコイツの面倒見てやるか」という
気持ちに支えられていたような気がします。

でないと、ここまで来るのは無理でした。
無性に、「絶対にこのビジネスを成功させたい」と
今、思っています。
「私の成功」がすべての方に対する感謝の
もっとも正しい表現活動なのです。




データの見せ方
リコーダーの音が、私の道具を使うと
どれ位小さくなるのかを数値化した方が良いと
言われました。

理論上の数値は載せてはいるのですが、
それではなくて「当社比」とか「○○○研究所調べ」とか
見かけるあれです。

無いよりあった方が良いのでしょうね。

でも、放射能の測定値のデータの取り方で、
かえって誤解や不安を招き、結局は私費で購入した
自分の検知器で自分なりのルールで信じる事が
一般化したような気がします。

その経験もあって「データ」の取り方は
信憑性があるかどうかの基準の一つに確実になりました。

そこで、私の装置ですが・・・・・・・
どうやって同じ量の圧力で笛に空気を送り込むかが
問題になっています。

研究所では、10人くらいの人に吹いてもらって、
その平均値ではどうだろうか・・・・・と提案
してくださいましたが、10人がサクラだったらどうでしょう?
目的を伝えて、そのように吹いてもらうことも
不可能では無いのです。

そんなデータは必要でしょうか?
Youtubeで実際に見てもらった方が良いかも・・・・・・・
日本人は厳しい
昨日出来た試作品を夫に見せたら酷評でした。
なんか「グニャグニャしてるぞ」と言われてしまいました。
ステンレス鋼は手強いのです。なめらかな曲線にはなりません。
ある程度、型も必要な代物ですが、データを取るには充分なので、
このままで試していきます。

ただし製品として考えれば、効果とは別に必要な条件です。
どこかに発注してパーツの少量生産をお願いすることになりそうです。
いよいよ次はCADの出番です。
 
昨日作った試作作りのための道具はなかなか優秀で、
ちょっと試してという微調整がとても簡単にできます。
いよいよここまで来て、最終段階なのが残念です。
早く作っておくべきでした。

次回の研究に役立つといいな。
道具と技術
今週は試作品とホームページに集中する予定です。
作ってくれる会社探しはお休みします。

こうして、定期的に作ったり研究したりするのは
とても大切な時間です。他の人にお願いする時に
一体どこが大切なのかを伝える時に迷いが無くなります。

職業として「研究」というものをしたことは無いので
こんなので良いのかな・・・・・・と正直思います。
ひたすら、こうじゃないか、ああじゃないか、と
作ったり壊したり、データを整理したり・・・・・
そんな感じで進めています。

ところで、今日は試作品を作るための道具を作りました。

ワイヤーを曲げるのにバイスをホームセンターに
探しに行きましたが止めました。
その代りに少し良いワイヤーのカッターを買いました。
今まで5~10分かかっていた作業が一瞬で終わります。
時間を買ったみたいでゴキゲンです。

で、クランプと廃材の板キレと「ワイヤー曲げ」なる道具と
部品をいくつか買ってきました。
お題は「早く美しく角カンを作る道具」です。
まだ、量産体制には程遠く、この道具を使いこなせる
まで、あと少々かかりそうです。
 


売ってみようかな?
昨夜作った試作品の出来がとてもよかったんです。
今朝、音も出してみました。ちゃんと、音圧の調整ができます。
これなら、実際に安心して使ってもらえます。

工場で作っているわけではないので、
同じクォリティーで量産する事はできませんが、
私が「効果あり」で納得して売ることは出来ます。

LoftかHANSだったかに、
自分の作品を売ることが出来るコーナーがあったので
調べてみます。
多くの人の目に触れる場所で、
売るというより黙って反応をみたいなと思うのです。

ちょうど必要があるような客層ではないと想像できますが、
かつて、リコーダーを使っていた人がどんなふうに
それを手に取るのか・・・・・・・
「ふーん、今こんなのあるんだぁ」
そう、あるんですよ
行ったり来たり
昨日、プロの先生宅でテストをして判った幾つかは

「一番最初に気づいたことが、実は一番正しかった」
という証明でした。
 
改良は私の都合で捻じ曲げて、便利にしただけです。

しかし、ある程度の目的が果たせるなら、
道具としてはいいのではないでしょうか?

ならば2パターン出して、利用者に選んでもらうというのも一つのプランです。

あっ、一本だけど、使い方で両方とも出来る方法思いついちゃった!

そう、いつもそんな感じで・・・・・・・
試作品は更に次の段階へ進めそうです。
完璧は無い
どんなに研究したつもりでも、
完璧なものは難しいです

というより存在していたらつまらなくもあります。
新しいものは、全て「未完成な何か」から始まっていて、
その未完成を更に超えようとする「次の未完成」が
「発見」と呼ばれるのではないかと思います。
世の中は新しい未完成で溢れていて、
誰かの「発見」を待っているのです。

その発見をするのは私かもしれないし、貴方かも知れない・・・・・・・・。

「不可能です」って言うのは
とても勇気ある発言だと思います。

可能性を否定する方がずっと困難です
全てを試してから、困難だと結論付けなければなりませんから。

それより、可能性を試して「出来ました!」って言う方が
はるかに簡単な気がします。

そうして生まれた「新しい未完成」を
只今、製品化するために試作を繰り返しています。
そこにも小さな気づきと改良があって、
何処で区切りをつけて世に出すかを検討しています。

今日、知人のリコーダーの先生に試して頂きました。
初めてプロに見て頂いて、色々ご指摘も頂きました。
更に改良は必要ですが、一番ポピュラーなタイプでの
使用が安定していると感想を頂いて、大満足です。

やはり、ジェット気流は気まぐれというか正直です。
私の姑息な方法を見抜いていました。
効果にメーカーモデルごとのバラつきを確認したのです。
正直、凹みました・・・・・・・・・・でも今、そのことにわくわく
しています。ここを超えたら、本物の特許ですよ!

それは、誰にもマネ出来ない領域に入れたということを
意味します。
そう、「新たな未完成」です。
出願しない、改良特許です。

デザインはおあずけ
昨日のミニ・プレゼンでデザインの話が出ました。
プランはありますが、見せたくなかったので・・・・・・

私はデザインが有効な手段であることは
よーく存じております。
ですから、前振りなしでいきなり見せるか、
煽って最後に見せることにしています。

企画の仕事をしていた時に
どんなに重要な案件について話していてもです。

デザイン案のプレゼン・ボードの準備をしていて、
チラッと見えようもんなら、もう話は聴いていません。
大体、絶対そうです。


昨日は見せる段階では無いと判断しました。

「美人は3日で飽きる」ホントかなぁ?
人は一瞬で判断します。
 
「一瞬は永遠の入り口」ではないでしょうか?